送り屋-死者を送る優しく不器用な人たちー[御堂彰彦]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > ライトノベル > その他

送り屋 死者を送る優しく不器用な人たち (メディアワークス文庫)
御堂彰彦

615円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 送り屋 ー死者を送る優しく不器用な人たちー 616円
紙書籍版 送り屋 615円

商品基本情報

商品説明

想いを残して不慮の死を遂げた人たち。調査員はその死の真実を探ろうとする。“死者”本人から聞き取ることによってーー。死者と話せる彼らはそれぞれの願いを知り、叶え、送ろうとする。不器用にそして優しく。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
想いを残して不慮の死を遂げた人たち。調査員はその死の真実を探ろうとする。“死者”本人から聞き取ることによって。死者と話せる調査員は、調査の過程で今は亡き人たちの願いに触れる。そしてそれを叶えることで、“向こう”へ送ろうとするのだった。自分の葬式に行きたいという少女。君なしでは生きていけないという恋人の言葉を心頼みにする女性。それは謎めいたものあり、切実なものありー。不器用で、そして優しい送り屋の物語。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
御堂彰彦(オドウアキヒコ)
第7回電撃ゲーム小説大賞“選考委員奨励賞”を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー
  • 一気に読んでしまいました。
    シロタ8282
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2016年01月04日

    表紙とあらすじ買いです。でも買って良かった。
    霊の見える人達が働く会社?
    未練や想いを遺し留まっている事故死した霊に話しを聞き事故の真相を調査する。
    とある事故がきっかけでその会社で契約社員として働くことになった見える20歳の詫美、またこの新人が幼い頃に見えるために孤独、人間不信になり極力人と関わらない様に生きている。でも正直。
    上手く人と霊に関われず数々の失敗をします。
    でも何とか先輩達の叱咤激励で仕事をこなしていきます。
    この物語の霊は私的にはこの世に霊が居るとしたらこういうかたちで在るのでは無いかと共感出来ました。
    タイトルの通り霊を送る、昇天させるのですが・・・
    新人さんの失敗や突っ走りにハラハラしたり自分の若い時を思い出して苦かったリしますが優しくて綺麗な物語だと思いました。
    続巻も出ているので続けて読みます。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

615円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ