エントリー不要!全品ポイント2倍以上(※ダウンロード商品を除く)詳細はこちら
いつも夢中になったり飽きてしまったり[植草甚一]
  • Googleプレビュー

いつも夢中になったり飽きてしまったり (ちくま文庫)
植草甚一

1,188円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 いつも夢中になったり飽きてしまったり 1,026円
紙書籍版 いつも夢中になったり飽きてしまったり 1,188円

商品基本情報

  • 発売日:  2013年09月10日頃
  • 著者/編集:   植草甚一
  • 出版社:   筑摩書房
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  509p
  • ISBNコード:  9784480430892

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
男性諸氏の憧れ植草甚一!東京からニューヨークの街までぐるりと散歩と買い物。ジャズからちょっとマイナーな映画を勉強して、本の話で盛り上がったら最新のロックをつまみ食い。もちろんファッションやアメリカの風俗なんかも気にしながら…。ポップカルチャーが永遠なのか?J・J氏が永遠なのか?昨日書かれたみたいな生き生きした文章とその感性は完全に時代を超越している。

【目次】(「BOOK」データベースより)
ニューヨークは思い出して書きやすいところだった/やさしい本ばかり読んできた/ジャズとロックの快的混沌状態のなかで/「草月アート・センター」時代はみんな若かった/なんにでも手を出しては失敗する男

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
植草甚一(ウエクサジンイチ)
1908-1979年。東京都出身。早稲田大学建築学科中退。文学、音楽、映画の評論家。1935年に東宝に入社、宣伝部や調査部に勤務、1948年に退社後は、映画、ジャズの評論を本格的に書き始める。1970年代、若者に欧米を中心としたサブカルチャーを伝え、現在まで多くの支持者を生み、その博識と親しみやすい語り口で“J・J”の愛称で親しまれる。『ミステリの原稿は夜中に徹夜で書こう』では第32回日本推理作家協会賞(評論部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

通常3〜4日程度で発送

1,188円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      物語のおわり
      物語のおわり

      湊かなえ

      691円(税込)

    2. 2
      祈りの幕が下りる時
      祈りの幕が下りる時

      東野 圭吾

      842円(税込)

    3. 3
      がん消滅の罠
      がん消滅の罠

      岩木一麻

      734円(税込)

    4. 4
      小泉放談
      小泉放談

      小泉今日子

      842円(税込)

    5. 5
      田園発 港行き自転車 上
      田園発 港行き自転車 上

      宮本 輝

      799円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ