本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
村上海賊の娘下巻[和田竜]
  • Googleプレビュー

【2014年本屋大賞1位】

本
現在地
トップ >  > 小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・やらわ行

村上海賊の娘(下巻)
和田竜

1,728円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

商品基本情報

  • 発売日:  2013年10月
  • 著者/編集:   和田竜
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  499p
  • ISBNコード:  9784103068839

商品説明

『のぼうの城』から六年。四年間をこの一作だけに注ぎ込んだ、ケタ違いの著者最高傑作! 和睦が崩れ、信長に攻められる大坂本願寺。毛利は海路からの支援を乞われるが、成否は「海賊王」と呼ばれた村上武吉の帰趨にかかっていた。折しも、娘の景は上乗りで難波へむかう。家の存続を占って寝返りも辞さない緊張の続くなか、度肝を抜く戦いの幕が切って落とされる! 第一次木津川合戦の史実に基づく一大巨篇。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
織田方の猛攻を雑賀衆の火縄が止め、門徒の勢いを京より急襲した信長が粉砕する。毛利・村上の水軍もついに難波海へ。村上海賊は毛利も知らぬ禁じ手と秘術を携えていた…。信長vs.本願寺、瀬戸内と難波の海賊ども…。ケタちがいの陸海の戦い!木津川合戦に基づく一大巨篇。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
和田竜(ワダリョウ)
1969年大阪生まれ、広島育ち。早稲田大学政治経済学部卒。2007年『のぼうの城』で小説家デビュー、同書は累計二〇〇万部(単行本と文庫)を超えるベストセラーとなり、2011年映画公開された(脚本も担当)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(488件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

  • 海戦は壮絶でのめり込みました!
    kore&hiro
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年05月02日

    下巻では、木津川河口の奇妙な睨み合から始まる海戦が全てで熱くなるが会話が軽すぎるのが、ちょっと気になったのと村上海賊の娘(景)の魅力が最後まで伝わって来ない、どうでもよい存在に思って読み進めてしまいました。
    景に代わる主人公は、織田方の真鍋海賊の若き当主真鍋七五三兵衛、漲る強烈な個性は魅力充分で惹き付けられてしまう。
    木津川合戦にかかわった者が望んだのは【自家の存続】が全てだったようだが、結局は誰も果たせなかったようです。
    織田方の泉州侍の殆んどは所領を失い泉州を離れ、真鍋家も海賊衆ではなくなり、毛利方の能島村上家は滅び、雑賀党は解体、大阪本願寺は二派に分裂して灰燼に帰し、毛利家さえも中国十ケ国の盟主の座を失ってしまった。

    22人が参考になったと回答

  • 昨年の本ですが...
    @もとし
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年03月01日

    昨年の話題の本でしたが、漸く下巻を読み終えました。
    海賊だけあって豪快な娘です。

    6人が参考になったと回答

  • 2014本屋大賞
    超哲人
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2014年05月28日

    上巻ラスト信長登場の期待感からすればメインであるはずの下巻の内容がいまひとつ物足りない感じがします。
    かっこいいと思っていただけで戦に対する認識が甘かったと思い知らされ、能島に戻った傷心の景は、戦争なんかたくさんだとしおらしくなり、化粧までされて普通の姫になるのかと思われたが、難波へと向かった村上・毛利の水軍は謙信が動かなければ何もせず引き返してくることを知り、それなら本願寺の門徒はどうなるのだといてもたってもいられなくなり難波へ向かい、景の先走りが口火となって木津川合戦に突入という流れで後はその戦闘スペクタクルが延々と最後まで描かれています。
    2014本屋大賞ということで衝動的に買ってしまいましたが、歴史小説としては脚色が強すぎ、また、木津川合戦にスポットをあてた内容なので、歴史小説にしてはタイムスケールが短すぎ、全体的に冗長な感じがするのは否めません。
    また合戦スペクタルに重きがおかれた内容で、その分、人が討たれて死ぬ様がリアルに描かれているので残虐な描写には嫌悪感を感じる方もおられるのではと思います。
    一言でいえば、村上(能島)対泉州の、脚本色の強い海賊戦闘物で、小説としては心情描写が希薄なように思います。
    読み物としてはそれなりにおもしろいですが、好き嫌いの評価がわかれやすい作品だと思います。
    ★3つか4つか評価に迷いましたが、最後まで読んでこの作品が本屋大賞ということで厳しい目でみてしまうと★3つです。

    5人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,728円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      危険なビーナス
      危険なビーナス

      東野 圭吾

      972円(税込)

    2. 2
      大家さんと僕 これから
      大家さんと僕 これから

      矢部 太郎

      1,188円(税込)

    3. 3
      潜行三千里 完全版
      潜行三千里 完全版

      辻政信

      1,188円(税込)

    4. 4
      後宮の烏 3
      後宮の烏 3

      白川 紺子

      658円(税込)

    5. 5
      小説 天気の子
      小説 天気の子

      新海 誠

      648円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ