日本が戦ってくれて感謝しています[井上和彦]
  • Googleプレビュー

日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争
井上和彦(ジャーナリスト)

1,404円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争 1,404円
紙書籍版 日本が戦ってくれて感謝しています 1,404円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アジアは中国・韓国だけじゃない!インド、マレーシア、フィリピン、パラオ、台湾…日本軍は、私たちの祖先は、激戦の中で何を遺したか。金田一春彦氏が生前に感激して絶賛した「歴史認識」を辿る旅がついに完結。感謝!賞賛!の声、声、声 日本人よ、自分の国を愛しなさい!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 インドー独立戦争を共に戦ってくれて感謝しています(インパール作戦は対英独立戦争/インド国民軍の日本軍への感謝 ほか)/第2章 フィリピンー白人への最後の抵抗と勇気を敬っています(アジアの中の“ラテン”/サンチャゴ「記念碑」への疑念 ほか)/第3章 パラオー打電「サクラ・サクラ」は武勇の象徴です(日本統治時代の遺産/「ダイジョウブ」を口にする人々 ほか)/第4章 台湾ー「大和魂を持っていた」と胸を張っています(“老台北”との出会い/台北は「日本建築博物館」 ほか)/第5章 マレーシアーアジアは英米と対等だと奮い立たせてくれました(マレー攻略戦の大義/親日の理由 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
井上和彦(イノウエカズヒコ)
ジャーナリスト。1963年(昭和38)、滋賀県生まれ。滋賀県立膳所高校卒業、法政大学社会学部卒業。専門は、軍事・安全保障・外交問題・近現代史。『正論』などオピニオン誌への寄稿が多い。歯に衣着せぬ発言で難解な軍事問題などを分かりやすく解説することから“軍事漫談家”の異名を持つ。「日本文化チャンネル桜」の『防人の道 今日の自衛隊』キャスター、航空自衛隊幹部学校講師、東北大学大学院非常勤講師、商社シンクタンク部門の主席アナリストも務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(96件)

総合評価
 4.54

ブックスのレビュー

  • 目からうろこ
    げげげげのげ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年10月16日

    学校で教わったり、テレビや新聞での見聞だけでは
    本当の意味で、世界はわからないですね。
    日本は、軍国主義でもなんでもなく、「自衛のための戦争」をしたのであって
    それによって、白人から植民地とされていた「アジア」が
    独立へと進んでいった。
    今の社会科の教科書にも、ぜひ載せてほしい内容です。
    戦前の日本人は、立派だったんだ・・・。
    我々の今日の平和は、英霊たちの「命の上」にあるんだ。
    未だに、「侵略戦争をした」と吹聴している人たちは
    事実を知りながら、わざと日本を悪者にしているんじゃないだろうか。
    ぜひ、戦後の教育を受けた全ての世代
    戦前の教育を受けた世代
    全ての人に読んでほしい。
    目先の損得だけで行動し、判断する人たちには
    わからないかもしれないけれど。

    30人が参考になったと回答

  • 日本人必読の書
    みりぃ_883
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2013年11月02日

    日本人は大東亜戦争後、GHQによる徹底的な自虐史観植え付けをされた結果、いまだに「日本は戦争中悪いことをした」「アジアの人たちに酷いことをした」と思い込んでいる人が多いです。
    テレビや一部の新聞なども「アジア=中国、韓国(北朝鮮)」であるかのような印象操作を続けており、まるでアジア全体が日本に謝罪と賠償を要求していると誤解を招いています。
    毎年8月15日になると、首相や閣僚の靖国神社参拝に抗議の声が上がりますが、この的外れな抗議をしてくるのは中国と韓国、そして日本の一部の左翼的なマスコミだけです。
    多くのアジアの国々が「日本が欧米と戦ってくれたおかげで、われわれアジアは独立できた」と感謝しています。この本にはインドをはじめとするアジアの国々が日本に対していかに感謝し、日本を賞賛しているかが書かれています。
    大東亜戦争に関しては、マッカーサー元帥も後に「あの戦争は日本による侵略戦争ではなく、自衛のための戦争だった」と認めています。
    私もかつては学校で教えられ、また終戦記念日が近くなると放送されるテレビ番組を見て「日本軍はなんてひどいことをしたんだ。日本は戦争に負けて当然だった」と思っていた時期もあります。
    しかし、この本をはじめ、ネットや雑誌で「本当の近現代史」を知って過去の自分を恥ずかしく思うとともに、日本人としての誇りを持てるようになって本当に良かったと思っています。

    21人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2013年10月18日

    このような本、話をもっと教育現場で教えてほしいです。聞いてますか〜?ドグサレ日教組さん!!

    15人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,404円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      M 愛すべき人がいて
      電子書籍M 愛すべき人がいて

      小松成美

      1,361円(税込)

    2. 2
      文在寅という災厄
      電子書籍文在寅という災厄

      武藤正敏

      1,296円(税込)

    3. 3
      僕は君たちに武器を配りたい
      電子書籍僕は君たちに武器を配りたい

      瀧本哲史

      1,944円(税込)

    4. 4
      MIND OVER MONEYーーー193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実
      電子書籍MIND OVER MONEYーーー193の心理研究でわ…

      クラウディア・ハモンド

      1,728円(税込)

    5. 5
      大家さんと僕 これから
      電子書籍大家さんと僕 これから

      矢部太郎

      1,188円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ