おやすみなさいおつきさま
  • Googleプレビュー

おやすみなさいおつきさま (児童図書館・絵本の部屋)
マーガレット・ワイズ・ブラウン

9位 絵本(外国)部門 楽天ブックス日別ランキング(2020年06月01日)ランキングを見る

1,320円(税込)送料無料

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • おやすみなさいおつきさま
  • +
  • もうねんね
  • おやすみなさいおつきさま (児童図書館・絵本の部屋)
  • マーガレット・ワイズ・ブラウン

1,320円(税込)

在庫あり

770円(税込)

在庫あり

合計 2,090円(税込)

閉じる

商品説明



絵本を開けば、そこに広がるのは大きな「みどりのおへや」。よく見れば、ベッドに寝ているのはうさぎのぼうや。もう、寝る時間かな。おへやには、絵の額がふたつ、赤いふうせんに、黒いでんわ。こねこが二匹いて、素敵なお人形の家もあります。おばあさんが編み物をしながら、見守ってくれています。おつきさまもおやすみの時間。ぼうやは、お部屋の中のひとつひとつに声をかけていきます。「おやすみ あかりさん」「おやすみ あかいふうせん」こねこさんに、てぶくろも、とけいさんもねずみさんも。ほらほら、だんだん静かになって……この絵本を読んでいるおともだち、みんなも。おやすみなさい、いい夢を見てね。1947年アメリカで初版が発売されて以来、世界中で読みつがれているこの絵本。小さな子どもたちは、この月の光に照らされた、ちょっぴり不思議な雰囲気の「みどりのおへや」が大好きなのです。ぼうやを中心に、まだあかりのついた部屋の場面から始まり、視点は壁にかかった絵の中へ、さらにお部屋の反対側の方へと移り、椅子の上にはいつの間にかおばあさん。ぼうやは一人じゃ寝れなかったのかな……時計の針の経過を見て想像をしながら夜のひとときを過ごします。そして、ぼうやと「おやすみの儀式」をしながら、だんだんと暗くなる「おへや」と一緒に気持ちのよい眠りへと誘われていくのです。淡々と、でも耳心地のいい繰り返しの言葉を聞きながら、一方で眺めているお部屋の世界はどんどん広がっていき。暗くて怖いと思っていた夜の世界も、ちょっとだけ素敵に思えてくる……そんな風に、絵本を通して世界中の子どもたちが「おやすみの時間」と仲良くなっていったのかもしれませんね。
(絵本ナビ編集長 磯崎園子)


息子が1歳半の頃から何度か図書館で借りて読んでいました。
2歳半前に、『また読みたい』との息子からのリクエストがあり、今度は絵本を購入して読み聞かせ。

他の方のレビューでもありますが、入眠導入へといざなう絵本の構成も素晴らしく、また、息子もレビューにあるお子様方と同じように、『おやすみなさい、カーテン』、『おやすみなさい まくら』などと、周りのものにおやすみなさいを言うように。それからは、バージョンを変えて、朝は『おはよう、○○さん』、昼なら散歩中などに『こんにちは、○○さん』と、いろんなモノに挨拶をしてコミュニケーションをはかっていました(笑)。

そして、なかなか寝付けない時に、『おやすみなさい、☆☆(息子の名前)のかわいいほっぺ』と言ってほっぺにキスをしていく、というのを息子の手や指、目などの部位を使ってやってあげるととても喜んで、しばらくはそれが寝る前の習慣になりました。昼間、息子を叱り過ぎた時、反省の意味を込めて、『お母さんは☆☆が大好きなんだよ』という気持ちを伝えるという、私と息子をつなぐ大切なコミュニケーション方法を教えてくれた素晴らしい絵本です。(ダンプダンプさん 30代・兵庫県 男の子2歳)


【情報提供・絵本ナビ】

商品レビュー(182件)

総合評価
 4.39

ブックスのレビュー

  • 正当派絵本
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2007年09月26日

    1歳8ヶ月の息子のために、『雅子さまの思い出の絵本』ということで迷わず購入。
    さりげない趣向が満載で、これぞ正当派絵本という感じです。
    たとえば、時間の経過とともに月の位置が変わったり、主人公(?)のウサギの姿勢が各ページで違っていたり・・・。
    とにかく美しい絵本です。
    息子も、ネンネの時には必ず絵本箱からさっさと自分で持ってきて、「おやすみなさい、読む〜」と言うほどです。
    (一番のお気に入りは、ねずみさんの場所探し。(←読めば分かります(^_^)b))
    文句なしの五つ星です!おすすめです!

    5人が参考になったと回答

  • 睡眠導入剤のようなえほん
    アダムスティン
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年08月19日

    お月様が大好きな娘へプレゼントとして購入。
    お部屋にある小物にクローズアップさせ、
    その小物一つ一つに「おやすみ」と呼びかけていく微睡の時間がステキ。
    絵本の最後は、寝息を立てているわが子へ
    「おやすみ」と呼びかけてホッコリ!

    3人が参考になったと回答

  • 2歳半の息子の寝かしつけに
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2009年12月14日

    何度か図書館で借りて、息子にリクエストされて購入。
    ウサギの子供がベッドに入り、部屋の中のものひとつひとつに『おやすみなさい』と言っていく。静かな場面が続き、次第に夜の闇の中へ自然に落ちていくような、そんなシーン展開です。
    この絵本に出会ってから、おやすみの挨拶だけではなく、朝・昼でも、『おはよう、コップさん』『こんにちは、ポストさん』など、挨拶も上手になりました。
    買って大正解!出会えて良かったと思える絵本です。

    3人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

残りあと48

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      本好きの下剋上 第一部 兵士の娘4【TOジュニア文庫】
      電子書籍本好きの下剋上 第一部 兵士の娘4【TO…

      香月美夜

      561円(税込)

    2. 2
      たのしくなるまほう
      電子書籍たのしくなるまほう

      たんたむ

      99円(税込)

    3. 3
      三まいのおふだ 〜【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本〜
      電子書籍三まいのおふだ 〜【デジタル復刻】語り…

      西本鶏介

      77円(税込)

    4. 4
      Harry Potter: シリーズ全7巻
      電子書籍Harry Potter: シリーズ全7巻

      J.K. Rowling

      7,800円(税込)

    5. 5
      帰ってきた悪の魔女
      電子書籍帰ってきた悪の魔女

      クリス・コルファー

      1,672円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ