本・雑誌 在庫あり商品対象!条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > ビジネス・経済・就職
日本で働くのは本当に損なのか[海老原嗣生]
  • Googleプレビュー

日本で働くのは本当に損なのか 日本型キャリアVS欧米型キャリア (PHPビジネス新書)
海老原嗣生

902(税込)送料無料

商品情報

商品説明

なぜ日本では上司が部下の面倒を見るのか? なぜ日本では転職が少ないのか? 長年、雇用問題を追いかけてきた著者の集大成となる一冊。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
新卒一括採用は、もはや意義を失ってしまったのか。年功序列デは、若き優秀なリーダーが育たず、グローバル戦略で負ける要因となっているのか。中途採用を行わない純血主義を貫く日本企業では、斬新な人材を社外から呼び込めず、産業育成の足を引っ張ってしまっているのか。「人事・雇用のカリスマ」が、通説を覆し、解決策を提示する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 「仕事ではなく、人で給与が決まる」社会(よく、日本では「給与は人で決まる」といい、欧米では「仕事で決まる」といいます。でも、この違いがよく分からないのですが…。/日々努力をして能力を磨いたら、給与って当然、上がりますよね? ほか)/2 「誰もがエリートを夢見てしまう」社会(四十歳の時、多くの日本人は課長になっています。昇進の速い欧米だと、みな部長になっているのですか?/日本では同じ会社にいる限り、同期と給与に差がつかないですが、欧米だと大きな差がつくというのは本当でしょうか? ほか)/3 日本型雇用が生み出す弊害(欧米では、若者の雇用デモがよくニュースになります。そういうのを見ると、日本の若者はおとなしすぎるように思えるのですが。/日本は、新卒採用でも中途採用でも、若い人対象の求人が多く、熟年の求人は極端に減ります。欧米と逆なのはどうしてでしょうか? ほか)/4 日本型と欧米型のベストバランス(今でも、日本が年功賃金を保てるのは、非正規や女性などの賃金を低く抑えているからなのですか?/ならば、日本の年功賃金は、若年者からの搾取によって成り立っているのですか? ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
海老原嗣生(エビハラツグオ)
雇用ジャーナリスト。経済産業研究所コア研究員、広島県雇用推進アドバイザー、京都精華大学非常勤講師。1964年生まれ。リクルートグループで20年以上、雇用の現場を見てきた経験から、雇用・労働の分野には驚くほど多くのウソが常識としてまかり通っていることを指摘し、本来扱うべき“本当の問題”とその解決策を提言し続けている「人事・雇用のカリスマ」。リクルートエージェント社のフェロー(客員社員)第1号としても活躍し、同社発行の人事・経営専門誌「HRmics」の編集長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(18件)

総合評価
 4.47

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      老いる意味
      老いる意味

      森村 誠一

      924円(税込)

    2. 2
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    3. 3
      人新世の「資本論」
      人新世の「資本論」

      斎藤 幸平

      1,122円(税込)

    4. 4
      真説 日本左翼史 戦後左派の源流 1945-1960
      真説 日本左翼史 戦後左派の源流 1945…

      池上 彰

      990円(税込)

    5. 5
      ルワンダ中央銀行総裁日記増補版
      ルワンダ中央銀行総裁日記増補版

      服部正也

      1,056円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ