もりのおきゃくさま[ブリントン・タークル]
もりのおきゃくさま[ブリントン・タークル] もりのおきゃくさま「三びきのくま」のさかさまのおはなし[ブリントン・タークル] もりのおきゃくさま「三びきのくま」のさかさまのおはなし[ブリントン・タークル]
  • Googleプレビュー

もりのおきゃくさま 「三びきのくま」のさかさまのおはなし
ブリントン・タークル

1,188円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明



この絵本は、文字のない絵本。しー。しずかに。秋も深まる森の中。声をひそめてのぞいてみれば、お母さんぐまと三びきのかわいいこぐまたちがいます。抜き足差し足忍び足、好奇心のかたまり、小さいやんちゃなこぐまが、森の中に佇む一軒家へこっそりと忍び込みます。扉を開けると、しーん。薄暗い家の中を静寂が包みます。目を凝らして見ても誰もいないようです。はじめて見る家の中。はじめて嗅ぐにおい。なんだか、美味しそうなにおいが机の上から誘っています。チェックのテーブルクロスの大きな机の上には、スープボールが三皿。椅子に手をかけ机の上を見ようと背伸びするこぐま。思わず舌なめずり。あ、だめよ!・・・やっぱり。スープをぺろりと平らげてしまったら、もう誰にもこぐまの遊びをとめらない。次から次へと興味の対象がかわって、散らかしたり、壊したり。どんどんエスカレート。そこへ突然帰ってきたのは、人間の家族。いつもと様子の違う我が家に気づいた人間たちは?そしてこぐまはどうなっちゃうの?読み始めてすぐに、あれ?この物語、確かどこかで読んだことがあるような・・・。それもそのはず、この絵本の元になっているのは、みなさんご存知の昔話『三びきのくま』なのです。人間の女の子が忍び込んだ場所が実はくまさんのお家だったというお話。その設定をさかさまにして、絵のみで構成された「文字のない絵本」としてこの作品が誕生しました。実際にアメリカで出版されたのは1976年。配色をおさえたシンプルな森の土のぬくもりを感じるような温かいタッチ。カメラを使って静止画をコマ撮りしたような、一瞬一瞬のこぐまの動きが見事に表現されています。だから、じっくりと絵を眺めるだけで、物語の展開を追うことができ、読み手がはじめて声に出すことで絵本の「時」が動き出すのです。日本ではあまり馴染みがありませんが、文字のない絵本は、海外の学校で子ども達の物語を伝える力を養うためよく使われることがあります。お家では、親子で一緒に話しながら絵本を楽しむのもいいですし、子どもが想像力をふくらませて自分の言葉で大人に読み聞かせをするのもいいですよね。
(絵本ナビ編集部 富田直美)


三びきのくまのさかさまのおはなし、というサブタイトルにひかれて読んでみました。さかさまってそういう意味なんですね。発想がおもしろくて、新鮮な印象をうけたので最近の本かと思ったら、原書での出版が古くてびっくりしました!言葉がないぶん、絵がものがたっていて、もりの雰囲気も伝わってくるようでした。(あんじゅじゅさん 40代・高知県 )


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
昔話『三びきのくま』のクマと人間をさかさまにおきかえた文字のない絵本です。こぐまがしのびこんだ森のおうちでいったいなにがおこるでしょうか?

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
タークル,ブリントン(Turkle,Brinton)
1915-2003。アメリカのオハイオ州アライアンスに生まれる。カーネギー工科大学で演劇を学んだ後、ボストン美術館大学で絵画を学ぶ。フリーランスの広告デザイナーを経て、絵本作家として活躍、1970年、『Thy Friend,Obadiah』でコルデコット賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(4件)

総合評価
 3.33

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

1,188円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ