魅せる方言[井上史雄]
  • Googleプレビュー

魅せる方言 地域語の底力 (Word-Wise Book)
井上史雄

1,870円(税込)送料無料

【消費税率変更】10月1日以降に出荷する商品は10%の消費税を適用させていただきます

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
手ぬぐいや湯のみだけじゃない!トイレットペーパー、交通看板、東日本大震災復興エールも…方言で生活を豊かに!方言で社会を元気に!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 見せる方言・買えない方言(方言エール/方言メッセージ/方言でおもてなし/おいしい方言/方言看板・ポスターで交通安全/方言ネーミング・店名、方言活用のバリエーション/方言パフォーマンス、聞く方言)/第2部 買える方言・買わせる方言(方言みやげ/方言グッズの広がり/方言の力を試してみる)/第3部 広がる方言 虫の目図と魔女の目図(海外の街角から 虫の目調査/家でもできる方言調査)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
井上史雄(イノウエフミオ)
明海大学・国立国語研究所客員教授。博士(文学)。専門は、社会言語学・方言学。研究テーマは、現代の「新方言」、方言イメージ、言語の市場価値など。「新方言」の唱導とその一連の研究に対して、第13回金田一京助博士記念賞を受賞

大橋敦夫(オオハシアツオ)
上田女子短期大学総合文化学科教授。上智大学国文学科、同大学院国文学博士課程単位取得退学。専攻は国語史。近代日本語の歴史に興味を持ち、「外から見た日本語」の特質をテーマに、日本語教育に取り組む

田中宣廣(タナカノブヒロ)
岩手県立大学宮古短期大学部准教授。博士(文学)。日本語の、アクセント構造の研究を中心に、地域の自然言語の実態を捉え、その構造や使用者の意識、また、形成過程について考察している。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。東北大学大学院文学研究科博士課程修了。2006年、『付属語アクセントからみた日本語アクセントの構造』により、第34回金田一京助博士記念賞受賞

日高貢一郎(ヒダカコウイチロウ)
大分大学名誉教授(国語学・方言学)。宮崎県出身。これまであまり他の研究者が取り上げなかったような分野やテーマを開拓したいと、“すき間産業のフロンティア”をめざす

山下暁美(ヤマシタアケミ)
明海大学外国語学部・大学院応用言語学研究科教授。東京外国語大学大学院博士課程修了。博士(学術)。専門は、日本語教育学・社会言語学。研究テーマは、言語変化、待遇表現、日本語教育政策(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

1,870円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ