建築材料が一番わかる[喜入時生]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 建築学

建築材料が一番わかる 建築技術の発展を支える建築材料を理解する (しくみ図解シリーズ)
喜入時生

2,068円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 建築材料が一番わかる 2,068円
紙書籍版 建築材料が一番わかる 2,068円

商品基本情報

商品説明

建築業界、リフォーム業界などに入られて、建築をこれから勉強する方、もしくは関連業種の方を対象に、建築に使われるさまざまな材料を紹介します。まずは建築物の骨格に当たる構造用材料として、木材、コンクリート、鋼材の種類や特徴、性質を解説します。引き続き、建築の表情や衣装に当たる石材、ガラス、タイルや内外装材、左官材料などに触れ、よりよい環境や安全な建築とするための機能性材料として、防水材料、防火材料、耐振材料などを解説します。本書を読めば、一通りの建築材料の知識を把握することができます。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 建築材料概要(建築計画と建築材料/環境・設備計画と建築材料 ほか)/第2章 構造用材料(構造用材料の定義と種類/木材の種類 ほか)/第3章 仕上げ材料(仕上げ材料の定義と種類/石材の種類と性質 ほか)/第4章 機能性材料(機能性材料の種類と目的/アスファルト防水 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
喜入時生(キイレトキオ)
東京造形大学デザイン学科卒業。株式会社設計工場にて建築・インテリアの設計・デザイン業務、建築専門月刊誌等の編集者を経て、2001年よりインテリア・建築・住宅関連の書籍・雑誌・WEBなどのライター/編集者となる

松本幸大(マツモトユキヒロ)
豊橋技術科学大学大学院工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。米子工業高等専門学校建築学科助手、助教を経て、豊橋技術科学大学大学院助教。同大、安全安心地域共創リサーチセンター兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ