官能教育[植島啓司]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

官能教育 私たちは愛とセックスをいかに教えられてきたか (幻冬舎新書)
植島啓司

842円(税込)送料無料

【消費税率変更】税込価格表記に関するご注意

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

このバナーをご覧の方限定!100円引きクーポン

クーポン獲得はこちら
※税込み3,000円以上購入でご利用可能

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年11月
  • 著者/編集:   植島啓司
  • レーベル:   幻冬舎新書
  • 出版社:   幻冬舎
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  197p
  • ISBNコード:  9784344983236

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本人はなぜこれほど不倫に厳しくなったのか?妻・愛人・女友だちの三人を必要とした古代ギリシアの男たち。夫承認のもと、若い恋人と戯れた十四世紀フランスの妻たち。たいていの妻に愛人がいるエチオピアのボラナ族。いまでもこの世界には、一夫一妻制度におさまらない社会が広く存在する。時代によって愛の価値観はいかに変化してきたのか?世界の結婚制度、不倫の歴史とは?数々の民族調査、芸術作品を例に挙げながら、男女の豊かな関係を探る画期的な書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 人にはなぜ愛人が必要なのか/第2章 愛はいつまでも続かない/第3章 官能教育/第4章 どうして不倫はいけないのか/第5章 窮極の贈り物/第6章 セックスに対抗するにはキスしかない

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
植島啓司(ウエシマケイジ)
1947年東京都生まれ。宗教人類学者。東京大学卒業。東京大学大学院人文科学研究科(宗教学)博士課程修了後、シカゴ大学大学院に留学、M・エリアーデらのもとで研究を続ける。NYのニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ(人類学)客員教授、関西大学教授、人間総合科学大学教授などを歴任。四十年以上、世界各地で宗教人類学調査を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(11件)

総合評価
 3.56

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

842円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    2. 2
      自分のことは話すな
      自分のことは話すな

      吉原珠央

      950円(税込)

    3. 3
      ラグビー知的観戦のすすめ
      ラグビー知的観戦のすすめ

      廣瀬 俊朗

      907円(税込)

    4. 4
      ケーキの切れない非行少年たち
      ケーキの切れない非行少年たち

      宮口 幸治

      777円(税込)

    5. 5
      上級国民/下級国民
      上級国民/下級国民

      橘 玲

      885円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ