[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大7倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
桜桃;雪の夜の話[太宰治]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ

桜桃/雪の夜の話 (実業之日本社文庫)
太宰治

660円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

子供より親が大事と思いたいーー駄目な男の語り口に酔う一冊。


戦後無頼派の代表的作家・太宰治の名作と酒にまつわる小説・エッセイを多数収録したオリジナル作品集。「桜桃」「ヴィヨンの妻」「東京八景」などの代表作から、太宰、坂口安吾、織田作之助の三人が初めて一堂に会した「現代小説を語る座談会」(文庫初収録)まで。酔っぱらい同士の放談で意気投合した三人は、その後銀座バー「ルパン」へ繰り出して……ファン必読の一冊。
【収録作品】

■雌に就いて

■猿面冠者

■あさましきもの

■満願

■畜犬談ーー伊馬鵜平君に与えるーー

■皮膚と心

■令嬢アユ

■東京八景

■雪の夜の話

■ヴィヨンの妻

■父

■酒の追憶

■眉山

■桜桃

■家庭の幸福

■朝

■現代小説を語る座談会

■織田君の死

●解説 角田光代

●作品解説 七北数人

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦後無頼派の代表的作家・太宰治の名作と、酒にまつわる小説・エッセイを多数収録したオリジナル作品集。「桜桃」「ヴィヨンの妻」「東京八景」などの代表作から、太宰、坂口安吾、織田作之助の三人が初めて一堂に会した「現代小説を語る座談会」まで。酔っぱらい同士の放談で意気投合した三人は、その後銀座のバー「ルパン」へ繰り出して…ファン必読の一冊。

【目次】(「BOOK」データベースより)
雌に就いて/猿面冠者/あさましきもの/満願/畜犬談ー伊馬鵜平君に与える。/皮膚と心/令嬢アユ/東京八景ー苦難の或人に贈る/雪の夜の話/ヴィヨンの妻/父/酒の追憶/眉山/桜桃/家庭の幸福/朝/現代小説を語る座談会/織田君の死

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
太宰治(ダザイオサム)
1909(明治42)年青森県生まれ。30年、東京帝国大学文学部仏文科に入学するが、カフェの女給と心中を図り、女性が死亡、検事の取り調べを受ける。35年「逆行」が芥川賞候補となる。翌年、処女作品集『晩年』が再び同賞候補になる。39年、結婚を機に旺盛な執筆活動を始め、「走れメロス」「富嶽百景」など数多くの名品を生む。戦後、坂口安吾、織田作之助らとともに無頼派と呼ばれ、一層の人気を博す。特に長篇「斜陽」は文壇内外に反響を巻き起こし、「斜陽族」という流行語も生んだ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

660円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】子どものための哲学対話
      【入荷予約】子どものための哲学対話

      永井 均

      462円(税込)

    2. 2
      白銀の墟 玄の月 第三巻
      白銀の墟 玄の月 第三巻

      小野 不由美

      737円(税込)

    3. 3
      白銀の墟 玄の月 第四巻
      白銀の墟 玄の月 第四巻

      小野 不由美

      825円(税込)

    4. 4
      白銀の墟 玄の月 第二巻
      白銀の墟 玄の月 第二巻

      小野 不由美

      781円(税込)

    5. 5
      白銀の墟 玄の月 第一巻
      白銀の墟 玄の月 第一巻

      小野 不由美

      737円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ