マツダスカイアクティブエンジンの開発[御堀直嗣]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 機械工学

マツダスカイアクティブエンジンの開発 高効率と低燃費を目指して
御堀直嗣

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2013年12月
  • 著者/編集:   御堀直嗣人見光夫
  • 出版社:   三樹書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  175p
  • ISBNコード:  9784895226202

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
SKYACTIV-Gは、4-2-1排気システム、マルチホールインジェクター、キャビティ付ピストンなどの採用により、高圧縮比13.0を実現した高効率ガソリンエンジンとして開発された。SKYACTIV-Dは、マルチホールピエゾインジェクター、独自のエッグシェイプピストンなどの様々な技術開発より、低圧縮比14.0を実現したディーゼルエンジンである。本書は、これらのエンジンがいかにして誕生したのかを、関係者の証言をもとに解説する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 はじめにーSKYACTIV登場/第1章 SKYACTIV総論(人見光夫の言葉)-「効率の追求」と「7つの因子」/第2章 SKYACTIVへの手掛かりーダウンサイジングとは異なる道/第3章 SKYACTIV-G1-ガソリンエンジン技術/第4章 SKYACTIV-G2-制御技術/第5章 SKYACTIV-G3-開発プロセスと生産の変革/第6章 SKYACTIV-G4-CAEの活用/第7章 アイドリングストップ技術i-stop-バッテリーマネージメントシステム/第8章 減速エネルギー回生システムi-ELOOP-キャパシターで実現/第9章 SKYACTIV-D1-エンジン技術/第10章 SKYACTIV-D2-電子制御システム/終章 人見光夫の言葉ーマツダ技報巻頭言抜粋

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
御堀直嗣(ミホリナオツグ)
1955年東京生まれ。玉川大学工学部機械工学科(流体工学研究室)卒業。1978年から1979年にかけてFL500レースに参戦。1980年からのFJ1600レースでは、1981年に優勝経験がある。1984年よりフリーランスライターとなる。自動車の技術を分かりやすく解説することに定評があり、読売新聞「@CARS」にてインプレッションを担当、読売新聞夕刊では、読者からの質問の回答者も務める。現在、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本EVクラブ副代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,944円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ