本屋大賞決定!
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 化学
錯体化学基礎から応用まで(エキスパート応用化学テキストシリーズ)[長谷川靖哉]
  • Googleプレビュー

錯体化学 基礎から応用まで (エキスパート応用化学テキストシリーズ)
長谷川 靖哉

3,080(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (全集・双書)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

研究者養成のためのテキスト。光・電気・磁性分野だけでなく、触媒分野や生体関連分野まで含めることで錯体化学の全貌がわかるようなつくりとしました。近年注目を集めている希土類錯体についてもこれ1冊でわかります。
1章 序論
2章 錯体とは
3章 分子の対称性と群論
4章 錯体の電子構造
5章 溶液中での錯体の状態
6章 錯体の光化学
7章 錯体の電気化学
8章 錯体の磁性化学
9章 有機金属化合物による触媒反応
10章 希土類錯体
11章 生体と錯体
12章 錯体のキャラクタリゼーション

【内容情報】(出版社より)
研究者養成のためのテキスト。光・電気・磁性分野だけでなく、触媒分野や生体関連分野まで含めることで錯体化学の全貌がわかるようなつくりとしました。近年注目を集めている希土類錯体についてもこれ1冊でわかります。
1章 序論
2章 錯体とは
3章 分子の対称性と群論
4章 錯体の電子構造
5章 溶液中での錯体の状態
6章 錯体の光化学
7章 錯体の電気化学
8章 錯体の磁性化学
9章 有機金属化合物による触媒反応
10章 希土類錯体
11章 生体と錯体
12章 錯体のキャラクタリゼーション

【目次】(「BOOK」データベースより)
序論/錯体とは/分子の対称性と群論/錯体の電子構造/溶液中での錯体の状態/錯体の光化学/錯体の電気化学/錯体の磁性化学/有機金属化合物による触媒反応/希土類錯体/生体と錯体/錯体のキャラクタリゼーション

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
長谷川靖哉(ハセガワヤスチカ)
博士(工学)。1997年大阪大学大学院工学研究科プロセス工学専攻修了。新日本理化株式会社研究員、大阪大学大学院工学研究科物質・生命工学専攻助手、同学内講師、奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科准教授を経て、2010年より北海道大学大学院工学研究院物質化学部門教授

伊藤肇(イトウハジメ)
博士(工学)。1996年京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻博士課程修了。筑波大学化学系助手、分子科学研究所助手、米国スクリプス研究所客員研究員、北海道大学大学院理学研究科化学専攻助教授を経て、2010年より北海道大学大学院工学研究院有機プロセス工学部門教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ