医者なし薬なしでいつの間にか「うつ」が消える本[宮島賢也]
  • Googleプレビュー

医者なし薬なしでいつの間にか「うつ」が消える本
宮島賢也

1,100円(税込)送料無料

【消費税率変更】10月1日以降に出荷する商品は10%の消費税を適用させていただきます

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2014年02月
  • 著者/編集:   宮島賢也
  • 出版社:   ベストセラーズ
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  191p
  • ISBNコード:  9784584135426

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
仕事がツライ、子育てがしんどい。それは自分への愛が足らないせい!?幼少期に刷り込まれた「お母さん病」から卒業しましょう!「お母さん病」とはなにか、そこから脱出するにはどうしたらいいかを、実例をもとに解説。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「お母さん病」ってなんだろう?/第2章 うつもがんも、リウマチも「お母さん病」?/ぼくがメンタルセラピーでよく使う言葉/第3章 これからの自分を楽にする「思い込み」の変え方/第4章 こんなとき、どうする?/第5章 心と体、ダブルで治していきましょう/第6章 女性性が世界を幸せに変える

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宮島賢也(ミヤジマケンヤ)
薬を使わない精神科医・湯島清水坂クリニック院長。1973年神奈川県生まれ。防衛医科大学校を卒業し、研修中に意欲がわかず精神科を受診、うつ病の診断を受ける。自身が7年間抗うつ剤を使った経験から、「薬でうつは治らない」と気づき、医師以外の人や書物から食生活や人間関係、潜在意識や考え方を変えることの大切さを学び、うつ病を克服する。その経験を踏まえ、患者が自ら悩みに気づき、それを解決するお手伝いをするメンタルセラピーを開発。現在、国際メンタルセラピスト協会専務理事であり、メンタルセラピストの養成を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • 何の役にも立ちません。
    購入者さん
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2017年04月15日

    隅々まで読みましたが、何の役にも立ちません。この著者は医者だから、いくら挫折しようが逃げようが、絶対に仕事があります。しかも年収1,000万円級の求人なんてザラです。絶対に食いっぱぐれはありませんから。医者というだけで女性も寄ってきますから再婚もできるでしょう。一方、我々サラリーマンはクビになったら終わりなんですよ!

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

1,100円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:美容・暮らし・健康・料理

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ