楽天大感謝祭!条件達成で+ポイント3倍(※ダウンロード商品を除く)!390円OFFクーポン配布中
八幡神とはなにか[飯沼賢司]
  • Googleプレビュー

八幡神とはなにか (角川文庫 角川ソフィア文庫)
飯沼賢司

820円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 八幡神とはなにか 648円
紙書籍版 八幡神とはなにか 820円

商品基本情報

  • 発売日:  2014年03月
  • 著者/編集:   飯沼賢司
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  239p
  • ISBNコード:  9784044094607

商品説明

辺境の名も知れぬ神であった八幡神は、なぜ突如として国家鎮護の神となったのか。大仏建立、道鏡事件、承平・天慶の乱ほか、その誕生と発展をめぐる史実を紐解き、神仏習合の形成という視角から実像に迫る!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
東大寺の盧舎那大仏建立を契機に、九州宇佐の地から八幡神が入京した。名も知れぬ辺境の神は、なぜ突如歴史の舞台に登場し、日本の神と仏をつなぐ国家神となったのか。道鏡事件、承平・天慶の乱、鎮護国家や摂関政治体制の確立ー「託宣」という神の声を発しながら、各時代の政治と宗教に深く関わり、変容し続けてきた足どりを辿る。神仏習合の形成に着目し、謎多き「時を生きる国家神」の実像を解き明かす、新八幡神論!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 鎮護国家の神の出現(八幡神の登場/神と仏の遭遇/鎮護国家の神への道)/第2章 仏に帰依した神(菩薩皇帝聖武と八幡神/大菩薩への道)/第3章 神仏習合と御霊(薦枕の成立と託宣の凋落/応神霊=八幡大菩薩の成立と展開)/第4章 八幡宇佐宮と八幡石清水宮の統合(宇佐宮弥勒寺と王城鎮護石清水八幡宮/宗教権門としての八幡宮寺の成立/権門八幡宮寺の展開)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
飯沼賢司(イイヌマケンジ)
1953年、長野県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、同大学院文学研究科博士課程(日本史専攻)に進学。97年より別府大学教授、2008年より同大学大学院文学研究科長。専攻は、日本古代中世史、家族史、環境歴史学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

通常3〜4日程度で発送

820円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】空也十番勝負 青春篇 剣と十字架
      【予約】空也十番勝負 青春篇 剣と十字架

      佐伯泰英

      699円(税込)

    2. 2
      君たちはどう生きるか
      君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      1,047円(税込)

    3. 3
      悲嘆の門(上)
      悲嘆の門(上)

      宮部 みゆき

      723円(税込)

    4. 4
      悲嘆の門(中)
      悲嘆の門(中)

      宮部 みゆき

      680円(税込)

    5. 5
      うずら大名
      うずら大名

      畠中 恵

      669円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ