THE授業開き(国語編)[堀裕嗣]
  • Googleプレビュー

THE授業開き(国語編) (THE教師力シリーズ)
堀裕嗣

1,036円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
執筆者16名による、発達段階に応じた1年間の国語科の教科経営を見据えながらの、年度の最初の1時間をどう構成するのか、どんな学習活動によって学習の心構えを子どもたちに抱かせるのか、そんな1時間の理想像の実践報告。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 低学年の国語授業開き(成功体験と変化をつけた繰り返しでスタート/授業の基本形をスタートからー1年生の授業開き/「『こくご』って、楽しい!」を実感させる/言葉で遊ぼうーあいうえお作文で自己紹介)/2 中学年の国語授業開き(バランスのよい授業開きで自信を育む/教師の意識・指導で、学びの空気を引き出す/身体と言葉で春を感じよう 草野心平「春のうた」を使って授業開き/年間を見通した上で授業開きを行う)/3 高学年の国語授業開き(授業開きとは授業システムを作り上げることである/読むことを楽しむー詩のイメージを挿絵に/自己紹介は立派なスピーチです/音読で子どもが育ちを実感できる授業)/4 中学校の国語授業開き(まずは授業のシステムづくりからー「できる」を実感させる/「ごま」よりも「たね」をまこう/たのしい活動を通して国語科学習の動機付け/まずどの「力」から?)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
堀裕嗣(ホリヒロツグ)
1966年北海道湧別町生。北海道教育大学札幌校・岩見沢校修士課程国語教育専修修了。1991年札幌市中学校教員として採用。学生時代、森田茂之に師事し文学教育に傾倒。1991年「実践研究水輪」入会。1992年「研究集団ことのは」設立。現在、「研究集団ことのは」代表、「教師力BRUSH-UPセミナー」代表、「実践研究水輪」研究担当を務める傍ら、「日本文学協会」「全国大学国語教育学会」「日本言語技術教育学会」などにも所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,036円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ