軍師の逆襲[森繁和]
  • Googleプレビュー

軍師の逆襲
森繁和

1,485円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
落合中日を4度のリーグ優勝、1度の日本一に導いた名参謀が帰ってきた。人を育てるとは。強い組織とは。「一度は沈没してしまった」チームをいかにして再建するか。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 若手の育成論ー良くも悪くも素直であるのが若者の魅力 指導者に求められる「見る」力と度量の広さ(石井貴ー指導のスタートは直接目を見て話すこと。これこそがいつの時代も変わらない、ベストなコミュニケーション/西口文也ー教えるでも、話すでもない。指導の第一歩は「見て」、それに応えてあげること/竹下潤ーなんでもできる優等生に唯一足りなかったのは「自信」だった/吉見一起ー150キロのストレートではなく、143キロのストレート。力を抜かせることで全体のパフォーマンスを上げる)/2 ベテランの処方箋ー成長、経験がもたらす持ち味の変質 ベテランにはふさわしい力の発揮場所がある(浅尾拓也ー若手はいつまでも若手ではない。経験を積み、成長する。だから、状況・状態に応じて指導法を変える/岩瀬仁紀ー任せる。信頼する。「心・技・体」が充実したベテランへの手助けは最小限でいい/山井大介ー勝って兜の緒を締める。成功したときこそ、さらなる成長を促す絶好の機会になる/デニー友利(友利結)-大打者・落合博満が恐れた悪球。「欠点」を「武器」に変えて蘇った「ノーコン投手」)/3 強者の組織論ー常に先を見据えた「人を育てる」継続性 強い組織作りに近道はなく、終わりもない/4 軍師の逆襲ー競争原理と仲間意識を高次元で融合 強いチームは強い個人によってのみ成り立つ(谷繁元信ーチーム、再建へ。強い中日の復活を託された若き指揮官への期待/小笠原道大ー使えるかどうかではなく、どうやって使うか。ベテランと若手のミックスアップがチームを強くする)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
森繁和(モリシゲカズ)
1954年(昭和29年)11月18日、千葉県出身。駒澤大学高校(東京)から駒澤大学、住友金属を経て、1978年ドラフト1位で西武に入団。5年目の83年に34セーブを挙げ最優秀救援投手のタイトルを獲得するなどチームの黄金期に活躍。プロ10年間の通算成績は344試合で57勝62敗82セーブ、防御率3.73。引退翌年の89年に西武2軍投手コーチに就任。92年からは1軍コーチとなる。2000年から日本ハム、02年から横浜(現DeNA)で2年ずつ投手コーチを歴任。04年から2011年まで中日で投手、バッテリー、ヘッドコーチなどを務め、落合博満監督の「参謀」としてリーグ優勝4度、日本一1度に貢献。2年間の評論家活動を経て、今季、中日のヘッドコーチに就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(8件)

総合評価
 3.86

ブックスのレビュー

  • 届いています
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年04月25日

    コメント遅れましたが、商品すでに届いています。仕事でも参考となる上司と部下の関係など、興味深い内容です。浅尾の今季の起用法は、書いてもいいの?、と突っ込みたくなりました。

    0人が参考になったと回答

  • ドラゴンズファン
    うらっきー
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年04月06日

    ドラゴンズにカムバックしたヘッドコーチの著書です。自らの体験と一般の会社社会での例を被せて、育成等についてわかりやすく書かれています。野球ファンにはおすすめです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,485円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ