第161回 芥川賞・直木賞決定!
100円のコーラを1000円で売る方法[永井孝尚]
  • Googleプレビュー

100円のコーラを1000円で売る方法 コミック版
永井孝尚

1,080円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法 540円
紙書籍版 100円のコーラを1000円で売る方法 1,080円

商品基本情報

  • 発売日:  2012年12月
  • 著者/編集:   永井孝尚阿部花次郎
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  174p
  • ISBNコード:  9784046028365
  • 注記:  増刷(初刷2012年)

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
会計ソフト会社である駒沢商会でトップセールスになった宮前久美は、「お客さんが喜ぶ商品を創り出したい」という想いを実現させるために商品企画部へ異動を申し出る。しかしそこで出会った与田誠に突きつけられたのは、「顧客絶対主義」の落とし穴だった。彼女は日本企業が抱える課題ー「高品質・多機能、でも低収益」から脱却できるのか?MBAマーケティング理論が学べる商品開発ストーリー。

【目次】(「BOOK」データベースより)
アメリカの鉄道会社はなぜ衰退したのか?-事業の定義/「お客さんの言いなりの商品」は売れない?-顧客絶対主義の落とし穴/顧客の要望に100%応えても0点ー顧客満足のメカニズム/値引きの作法ーマーケットチャレンジャーとマーケットリーダーの戦略/キシリトールガムがヒットした理由ーバリュープロポジションとブルーオーシャン戦略/スキンケア商品を売り込まないエステサロンー競争優位に立つためのポジショニング/商品を自社で売る必要はないーチャネル戦略とWin-Winの実現/100円のコーラを1000円で売る方法ー値引きの怖さとバリューセリング/なぜ省エネルックは失敗してクールビズは成功したのかーコミュニケーションの戦略的一貫性/新商品は必ず売れない?-イノベーター理論とキャズム理論

商品レビュー(14件)

総合評価
 3.93

ブックスのレビュー

  • 本当に面白い
    さとみ26213254
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年06月23日

    小説版をコミックにしたものですが、たいへん読みやすく、内容も面白いです。
    届くのがもっと早ければ、もっとよかったけれど、お忙しいのでしょう、しょうがないです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,080円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ