理は変革の中にあり[野村克也]
  • Googleプレビュー

理は変革の中に在り 苦労が「思考」「感性」「勇気」を磨く
野村克也

1,540円(税込)送料無料

【消費税率変更】10月1日以降に出荷する商品は10%の消費税を適用させていただきます

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2014年05月
  • 著者/編集:   野村克也
  • 出版社:   ベストセラーズ
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  222p
  • ISBNコード:  9784584135730

商品説明

「『苦労は買ってでもしろ』と心から思う。現役を退いてから、その差は広がる」。私には、苦労してきたことの自負心がある。何かあるといつもその苦労を思い起こし、頑張ってこれた経験がある──。野村元監督の「人生観」のすべて。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
最後は不器用が勝つ。不器用な人は、器用な人が経験していないことを経験しているのだから。苦労を成長の糧にするためのヒント。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 苦労こそが人生の原点(苦労が人間の探究心を育む/苦労は人間の飽くなき探究心を育む母になる/正しい努力をすれば、天才でなくても成功できる/人間の思考力には限界がない)/第2章 理は変革の中に在り(どん底を味わった人間だけが、変わる「勇気」を持てる/進歩とは変わることである、変わらなければ人は成長しない/本物に学ぶことで、本物に近づく/人は本物と出会うことで本物を知る/環境が人を成長させる。だから自分が成長できる環境を選ぶ/時には現場から離れることが、人間を成熟させる/突然の変化が身に起きても柔軟に生き抜くために)/第3章 功なき者を集めよ(「成果主義」のなかで組織をひとつにまとめるために/中心なき組織は機能しない/組織が人を成長させ、人が組織を成長させる)/第4章 徳は孤ならず必ず隣有り(信じてくれる人がいたから、ここまでやってこられた/「見せかけの信頼」も「真の信頼」に変わる/本当の勝負とは「知力と知力」の戦いである)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

1,540円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ