なぜ日本の公教育費は少ないのか[中澤渉]
  • Googleプレビュー

なぜ日本の公教育費は少ないのか 教育の公的役割を問いなおす
中澤渉

4,104円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2014年06月30日頃
  • 著者/編集:   中澤渉
  • 出版社:   勁草書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  369,
  • ISBNコード:  9784326653881

商品説明

日本の保護者の教育費負担は非常に重いが、公教育費負担を増やすべきという社会的な声はあまり大きくない。しかし私的負担の重さは、少子化の促進や教育機会の不平等の拡大につながる。社会保障や福祉と教育の機能を考察しつつ、財政難という条件にある日本において、公教育費を増やすにはどうしたらいいのか、そのヒントを探る。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
財政難にあえぐ日本社会への具体的な教育社会学的提言。民主主義社会の基礎となる公教育システムを支える財政的基盤を構築するために。

【目次】(「BOOK」データベースより)
少なすぎる公教育費/第1部 教育費をめぐる人々の意識と政策の現状(教育の社会的役割再考/国家・政府と教育/教育と社会保障・福祉との関係性/国際比較から見た日本の教育・社会政策への意識構造)/第2部 教育の公的負担が増加しなかったのはなぜか(日本の財政と教育/教育費高騰の戦後史/教育費をめぐる争点/政策の実現と政党に対するスタンス/教育を公的に支える責任)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中澤渉(ナカザワワタル)
1973年埼玉県生まれ。2003年東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。現在、大阪大学大学院人間科学研究科准教授・博士(教育学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

4,104円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      妻のトリセツ
      電子書籍妻のトリセツ

      黒川伊保子

      810円(税込)

    2. 2
      大白蓮華 2019年 6月号
      電子書籍大白蓮華 2019年 6月号

      大白蓮華編集部

      185円(税込)

    3. 3
      お金や人脈、学歴はいらない! 情報だけ武器にしろ。
      電子書籍お金や人脈、学歴はいらない! 情報だけ…

      堀江貴文

      929円(税込)

    4. 4
      多動力
      電子書籍多動力

      堀江貴文

      513円(税込)

    5. 5
      僕が夫に出会うまで
      電子書籍僕が夫に出会うまで

      七崎良輔

      1,099円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ