イチオシ本フェア 2024
現在地
トップ >  > 医学・薬学・看護学・歯科学 > 伝統医学・東洋医学 > 東洋医学

漢方備忘録 あけぞら日記 方術の夜明け、東は白みたり
荒木 性次

3,520(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2014年06月10日頃
  • 著者/編集:   荒木 性次(著)
  • 出版社:   源草社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  192p
  • ISBN:  9784906668991

商品説明

内容紹介(出版社より)

2013年、四十二年の時を経て自宅から発見された、朴庵先生自らの手による詳細な治療記録。晩年に近い昭和41から同46年(1966〜1971)にわたって綴られた一冊のノートには、貴重な治験の数々が残されていた。時に悩み、時に歓喜し、試行錯誤をくり返しながら患者を見据える「朴庵漢方」の真髄。病に於いても混迷する現代だからこそ、先哲の言葉に耳を傾けたい。
序文(福本博/石井明/栗山勲/伊原隆正/島津和男/佐藤昭) 3
凡例 13
昭和四十一年  17
昭和四十二年  53
昭和四十三年  75
昭和四十四年  133
昭和四十五年  151
昭和四十六年  171
あとがき(和泉豊/永島和明) 182
著者略歴 186

内容紹介(「BOOK」データベースより)

朴庵先生の日記帳に遺されていた、昭和四十一年から同四十六年(1966〜1971)にわたる詳細な治療記録。そこには珠玉の治験の数々が綴られていた。未発表自筆ノートを再現した第一級漢方文献。

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー(1件)

  • 貴重な文献ではありますが
    ネコタンポ
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2017年04月07日

    漢方の恩人のひとりが荒木性次先生だと思います。その独自の視点は臨床上貴重な示唆を与えてくれることが多いものです。この本は荒木先生の日記というか覚え書きというか、なにせ私的な文書ですね。御家族や患者の治療日誌のようなものです。私が励まされたのは、荒木先生ほどの方でも御家族の治療には悩み抜き、言葉は悪いですが、右往左往しておられるということです。私も同様なので大いに慰められました。たくさんの処方が出てきますが、処方別の索引が付いていないことは大きな欠点です。貴重な文献には違いありませんが、日々の診療で常に参照するような性質の本ではありません。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:医学・薬学・看護学・歯科学

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    2. 2
      世界一わかりやすい 筋肉のつながり図鑑
      世界一わかりやすい 筋肉のつながり図鑑

      きまた りょう

      1,650円(税込)

    3. 3
      今日の治療薬2024
      今日の治療薬2024

      伊豆津宏二

      5,280円(税込)

    4. 4
      メンタル脳
      メンタル脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,100円(税込)

    5. 5
      【予約】ケトン食の名医が教える 糖質制限はやらなくていい
      【予約】ケトン食の名医が教える 糖質制…

      萩原 圭祐

      1,650円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ