本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
アメリカ自動車産業[篠原健一]
  • Googleプレビュー

アメリカ自動車産業 競争力復活をもたらした現場改革 (中公新書)
篠原健一

842円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2014年07月
  • 著者/編集:   篠原健一
  • レーベル:   中公新書
  • 出版社:   中央公論新社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  216p
  • ISBNコード:  9784121022752

商品説明

自動車は国家なり!復活を遂げたGM。その競争力の源泉はどこにあるのか。工場現場の改革と課題から、いま日本が学ぶこととは?

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
長期停滞を余儀なくされたアメリカの自動車産業。小型車開発の後れや金融子会社の不振により、2009年にはGMが国有化されるに至った。しかし、新生GMは改革を推し進め、2011年には世界最大の自動車会社に返り咲いた。電気自動車の開発やシェールガス革命も追い風である。この強さは本物なのか。競争力の源泉である工場現場を調査し、品質管理や意識改革の成功と限界を明かす。企業人必読の書。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 アメリカ自動車産業ー国際競争力と労使関係/第2章 アメリカの非能力主義・日本の能力主義/第3章 アメリカにも年功制がある?-先任権の及ぶ領域/第4章 チーム・コンセプトという日本化ートップダウン経営の限界/第5章 新生GMにおける経営改革の課題ー国際競争力・労使関係・職長の役割/第6章 新生GMと日本への示唆

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
篠原健一(シノハラケンイチ)
1967年、大阪府生まれ。1990年、同志社大学経済学部卒業、1996年、同大学大学院アメリカ研究科博士課程単位取得退学。大阪商業大学総合経営学部助教授等を経て、京都産業大学経営学部教授。専攻・雇用関係、経営管理。博士(政策科学)。著書『転換期のアメリカ労使関係ー自動車産業における作業組織改革』ミネルヴァ書房、2003。(第20回組織学会高宮賞、第19回冲永賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(11件)

総合評価
 3.67

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

842円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること
      未来の地図帳 人口減少日本で各地に起き…

      河合 雅司

      928円(税込)

    2. 2
      キレる!
      キレる!

      中野 信子

      842円(税込)

    3. 3
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    4. 4
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    5. 5
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ