築土構木の思想[藤井聡]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 建設工学

築土構木の思想 土木で日本を建てなおす (犀の教室 Liberal Arts Lab)
藤井聡(社会科学)

1,760円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

「土木」を語らずして、日本を語るなかれ!被災地の復興、老朽化した道路・トンネルなどインフラの補修、台風や大雨の被害対策、2020年東京オリンピック開催……課題が山積みなのに建設業界は人手不足。「公共事業不要論」は間違っている! 日本には土木事業が足りない! 国土強靭化に日々尽力する著者が、気鋭の論客たちと、「国づくり」の根幹である土木の復権について論じる、土木による日本再建論。

はじめに──築土構木の世界へ
第1章 土木はナショナリズムで駆動する 中野剛志×藤井聡
第2章 インフラ政策とレジリエンスの国富論 柴山桂太×藤井聡
補講1 ゲーテと諭吉と土木
第3章 公共事業不要論の虚妄 三橋貴明×藤井聡
第4章 城壁の論理と風土の論理 大石久和×藤井聡
補講2 土木叩きの民俗学
第5章 築土構木と経世済民の思想 青木泰樹×藤井聡
おわりに──「現代思想」を深化させるために

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
被災地の復興、老朽化した道路・トンネルなどインフラの補修、台風や大雨の被害対策、2020年東京オリンピック開催…課題が山積みなのに建設業界は人手不足。「公共事業不要論」は間違っている!日本には土木事業が足りない!国土強靱化に日々尽力する著者が、気鋭の論客たちと、「国づくり」の根幹である土木の復権について論じる、土木による日本再建論。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 土木はナショナリズムで駆動する/第2章 インフラ政策とレジリエンスの国富論/補講1 ゲーテと諭吉と土木/第3章 公共事業不要論の虚妄/第4章 城壁の論理と風土の論理/補講2 土木叩きの民俗学/第5章 築土構木と経世済民の思想

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
藤井聡(フジイサトシ)
1968年奈良県生まれ。京都大学大学院工学研究科教授(都市社会工学専攻)。京都大学土木工学科卒、同大学院土木工学専攻修了後、同大学助教授、東京工業大学助教授、教授、イエテボリ大学心理学科客員研究員等を経て、09年より現職。また、11年より京都大学レジリエンス研究ユニット長、ならびに第二次安倍内閣・内閣官房参与(防災減災ニューディール担当)。文部科学大臣表彰、日本学術振興会賞等、受賞多数。専門は、公共政策に関わる実践的人文社会科学全般(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • 京都大学の人の本!
    takao6251
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2019年05月06日

    藤井聡先生のほんです。
    無理矢理な意見がこのみです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ