「対話と学び合い」の地域福祉のすすめ[上野谷加代子]
  • Googleプレビュー

「対話と学び合い」の地域福祉のすすめ 松江市のコミュニティソーシャルワーク実践
上野谷加代子

2,916円(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 松江市における地域福祉実践ー実践編(第1次地域福祉計画・地域福祉活動計画のその後の展開/城北地区・淞北台団地ー地域住民とともに育つ地区担当職員/忌部地区の地域福祉活動とコミュニティソーシャルワークー「地域生活支援会議」を通して/対話と学び合いによる小地域福祉活動計画のつくり方ー計画策定のプロセス・内容・実践/「対話と学び合い」を促進するプロジェクト方式の実践ー個別支援と地域支援の統合によるコミュニティソーシャルワークの実践/松江市からのメッセージー住みやすさ日本一の“松江”の実現をめざして)/第2部 地域ガバナンス形成とソーシャルワークー理論編(松江市の地域福祉の特徴ー理念の浸透と参画型仕組みづくり、そして計画と実践の好循環/地域福祉計画の策定可能要因と参加主体の相互作用ー松江市第3次地域福祉計画・地域福祉活動計画を事例として/小地域福祉活動を支える社協・地区担当職員(CSW)の実践/「公民館活動」という名の地域福祉ガバナンス/松江市の小地域におけるソーシャルワークの展開と生活課題解決の仕組みー堺市の地域福祉推進システムとの比較検討を通して)/第3部 小地域福祉活動の検証(住民意識にみる松江市の地域福祉と活動/白潟公民館を拠点とした学びと地域福祉活動/古志原公民館における地域福祉の活動の展開)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
上野谷加代子(ウエノヤカヨコ)
同志社大学大学院社会学研究科教授。専門領域は、地域を基盤としたソーシャルワークの展開方法(論)と教育方法。日本地域福祉学会会長、前日本福祉教育・ボランティア学習学会会長、全国ボランティア・市民活動振興センター運営委員会委員長、「広がれボランティアの輪」副会長、大阪府ボランティア・市民活動センター運営委員長等の職務を歴任

松端克文(マツノハナカツフミ)
桃山学院大学社会学部社会福祉学科教授・副学長。専門領域は、地域福祉論、社会福祉サービス論。関西の自治体や社会福祉協議会を中心に、福祉審議会や地域福祉計画策定委員会等の各種委員(長)多数務める

斉藤弥生(サイトウヤヨイ)
大阪大学大学院人間科学研究科教授。専門領域は高齢者介護の国際比較研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

2,916円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ