ロボットの悲しみ[岡田美智男]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 電気工学

ロボットの悲しみ コミュニケーションをめぐる人とロボットの生態学
岡田美智男

2,052円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2014年08月05日頃
  • 著者/編集:   岡田美智男松本光太郎
  • 出版社:   新曜社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  200,
  • ISBNコード:  9784788514041

商品説明

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 「ともに」あるロボットを求めて/2章 ロボットの居場所探し/3章 生き物との交流とロボットの未来/4章 ロボットとのやりとりに意味が生まれるとき/5章 ロボットは人間「のようなもの」を超えられるか/座談「ロボットをめぐる問い」をあらためて問う

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
岡田美智男(オカダミチオ)
1960年、福島県生まれ。東北大学大学院工学研究科博士後期課程修了。NTT基礎研究所、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)などを経て、豊橋技術科学大学情報・知能工学系教授。コミュニケーションの認知科学、社会的ロボティクス、ヒューマン=ロボットインタラクション、生態心理学などを研究

松本光太郎(マツモトコウタロウ)
1972年、福岡県生まれ。九州大学大学院人間環境学府博士後期課程修了。名古屋大学を経て、茨城大学人文学部准教授。自然場面における人の心の成り立ちについて発達心理学・環境心理学を軸にして研究

麻生武(アサオタケシ)
1949年、兵庫県生まれ。大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程修了。京都国際福祉センター、相愛女子短期大学を経て、奈良女子大学研究院人文科学系教授。自閉症を含む子どものコミュニケーション・自我発達を研究。「人間」の成り立ちの発生学的解明を志す

小嶋秀樹(コジマヒデキ)
1966年、東京都生まれ。電気通信大学大学院電気通信学研究科博士後期課程修了。郵政省通信総合研究所(現在、情報通信研究機構)、MIT人工知能研究所客員研究員などを経て、宮城大学事業構想学部教授。ロボティクス、メディア工学、認知科学、発達心理学、自閉症療育などの研究に従事

浜田寿美男(ハマダスミオ)
1947年、香川県生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。花園大学、奈良女子大学を経て、奈良女子大学名誉教授・立命館大学特別招聘教授。「私」の成り立ちをはじめとする発達心理学とともに、刑事裁判における供述分析を業としている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(6件)

総合評価
 4.2

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

2,052円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ