エントリー&楽天マガジン初めてのお申し込みで、楽天ブックスでのお買い物が全品ポイント10倍
現在地
トップ >  > ビジネス・経済・就職 > その他
広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。[本田哲也]
  • Googleプレビュー

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。
本田 哲也

1,650(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

『アナと雪の女王』は、なぜ1000万人を動かしたのか?
LINEは、なぜ4億ユーザーの心をつかんだのか?
誤発注されたプリンは、なぜ完売したのか?

“戦略PR”の第一人者とLINE大ブレイクの仕掛人が考える
「情報爆発・消費者主導の時代に、人はどうすれば動くのか?」

「テレビや新聞に広告を打てば、自社商品やサービスはもっと売れるのに!」
「ソーシャルメディアでクチコミを巻き起こせばヒット間違いなし!」
「広告宣伝費を使ってキャンペーンを張れば、知名度は確実に高められる」

そんな期待を持っている人がいたら、そうしたことはいったんあきらめたほうがいいかもしれません。

インターネットの普及などにより流通する情報量が爆発的に増える一方、生活者はネットやHDDレコーダーなどを活用し、自分で情報を選択するようになっています。そんななか、旧来のマス広告やメディア露出では、昨今、人は動かなくなっています。

本書では、企業発信の情報よりも、売るための世論=空気をつくることが大事と説く『戦略PR』がベストセラーとなった本田哲也氏と、数々のメディア立上げに携わり、現在大ブレイク中のコミュニケーションアプリLINE仕掛人としても知られる“メディア野郎”田端信太郎氏がタッグを結成。大々的な広告キャンペーンやメディア展開をせずに人を動かすことに成功した事例を、1000人、1万人、10万人、100万人、1000万人、1億人、10億人と、スケールごとに分析。生協のプリン誤発注からアナと雪の女王、LINEまで、そのヒットの秘密を探っていきます。

広告・メディア業界人はもちろん、企業経営者、マーケティング担当者も必読の一冊。

「人を動かせない時代」に「人を動かす」ヒントがここにある!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アナと雪の女王、ハロウィン、マラソンブーム、LINE、ことりっぷ、ネスカフェアンバサダー…マス広告やメディア露出なしでもヒットは生まれる!?戦略PRの第一人者とLINE大ブレイクの仕掛人が考える「情報爆発・消費者主導の時代に、人はどうすれば動くのか?」。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 「たくさんの人に見てもらえるほどよい」は本当か?(ソーシャルメディア、クロスメディア…流行に踊らされるな!/「メディア横断×リーチ志向」は誤りだー「リーチ」と「精度」の関係/シャープやソニーの凋落は広告会社のせいか? ほか)/2 なぜ、人は「動く」のか?-1000人から10億人まで、スケールごとに考える(「1000人」を動かす/「1万人」を動かす/「10万人」を動かす ほか)/3 「人を動かす」ことをあきらめない(「人を動かせない時代」に「人を動かす」とはどういうことか?/人を動かす新しい方法論。戦略PR=「空気づくり」/1000万人が動いた『アナと雪の女王』 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
本田哲也(ホンダテツヤ)
ブルーカレント・ジャパン代表取締役社長。戦略PRプランナー。世界トップ3のPR会社、米フライシュマン・ヒラード上級副社長兼シニアパートナー。1970年生まれ。セガの海外事業部を経て、1999年、フライシュマン・ヒラード日本法人に入社。2006年、グループ内起業でブルーカレント・ジャパンを設立し代表に就任。2009年に『戦略PR』(アスキー新書)を上梓し、広告業界にPRブームを巻き起こす。国内外の大手メーカーなどを中心に、戦略PRの実績多数

田端信太郎(タバタシンタロウ)
LINE株式会社上級執行役員法人ビジネス担当。1975年石川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。株式会社リクルートにてフリーマガジン「R25」の立上げを行う。2005年、株式会社ライブドアに入社。ライブドアニュースの責任者を経て執行役員メディア事業部長となり、ライブドアのメディア事業の再生をリード。2012年、NHN Japan株式会社(2013年LINE株式会社に商号変更)執行役員に就任。広告事業部門を統括。2014年、上級執行役員法人ビジネス担当に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(52件)

総合評価
 3.46

ブックスのレビュー

  • いい本ですが、ちょっと…の部分もあり~
    NECOママ
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2014年10月06日

    この本は、3つのパートから構成されています。この本を書くにあたっての前提となるパート1(世の中は変わった)、「なぜ、人は動くのか」を人数の枠組みで類別して示しているパート2、まとめの内容となっているパート3です。
    パート1は自分の中で断片的に散り散りになっている事象が的確にまとめてあり、スッと入るものでした。本来はこの本の主役であるパート2が今一歩でした。人数が少ない(1万人くらいまで)は非常に読み応えがありましたが、対象とする人数が大きくなると、考察や筆が散漫になる感が否めません。タイトルの人を動かす数と事例が一致していない、と感じざるを得ないところもありました。パート3は「そうだよね」という部分で、パート1と同じ感じで読みました。主役であるはずのパート2が意欲的なテーマである一方で、内容が今一歩でしたので、星3つ、としました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ