秋のビジネス書フェア
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 政治
日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う[鈴置高史]
  • Googleプレビュー

日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う
鈴置高史

1,540(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介

「離米従中」を進めた韓国が、ついに中国の軍門に。激変するアジア。その時、北は? ロシアは? そして、日本はどう動くべきか。「これから」に迫る待望のシリーズ第4弾。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

4月のオバマ訪韓で迫られた「踏み絵」を振り切り、7月の習近平訪韓で“ルビコン河”を渡り始めた韓国。激変必至のアジア地図、日本はいかに進むべきか。米中の対立激化、北朝鮮の変節、ロシアの影ー。一気に流動化する世界の「これから」を読み解く。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 日本なんか大嫌い(朴槿恵が「アベと会えない」理由ー読者と考える 慰安婦こそ韓国の弱点/中国に「NO」と言えない韓国ー読者と考える 反日を煙幕にした恐中/韓国の識者が語る韓国人の本音1 「安倍首相の韓国語は失敗でした」)/第2章 オバマを軽くあしらった朴槿恵(韓国の識者が語る韓国人の本音2 「どうせ米国から見捨てられるのだ」/韓国の識者が語る韓国人の本音3 八方美人は嫌われる/首脳会談でも韓国を引き戻せなかった米国 オバマの前で「中国が頼み」と言い切った朴槿恵/韓国の迷走ー読者と考える オバマが帰ると即、習近平に秋波を送った朴槿恵)/第3章 脅す米中、惑う韓国(二股外交は支持されているかー読者と考える もう、韓国人の3割が「中国に鞍替え」/二股外交は成功するかー読者と考える 「漁夫の利外交」で韓国は無限大のツケを払う/韓国人は反発しないのかー読者と考える ついに「属国に戻れ」と韓国に命じた中国/「米中板挟み」に耐えかね「中立化」探るー「フィンランドになりたい」と言い出した韓国/語られ始めた中立化ー読者と考えるー「先祖返りした韓国」を見切る米国)/第4章 習近平がやってきた(中韓首脳会談を木村幹教授と読む1 ルビコン河で溺れる韓国/中韓首脳会談を木村幹教授と読む2 習近平に底なし沼で助けられた朴槿恵/中韓首脳会談を木村幹教授と読む3 中国が仕掛けた「中立化の罠」にはまる韓国)

著者情報(「BOOK」データベースより)

鈴置高史(スズオキタカブミ)
日本経済新聞社編集委員。1954年、愛知県生まれ。早稲田大学政経学部卒。77年、日本経済新聞社に入社、産業部に配属。大阪経済部、東大阪分室を経てソウル特派員(87〜92年)、香港特派員(99〜2003年と06〜08年)。04年から05年まで経済解説部長。95〜96年にハーバード大学日米関係プログラム研究員、06年にイースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。「中国の工場現場を歩き中国経済のぼっ興を描いた」として02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.67

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ