本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 楽譜 > その他 > 書籍・辞典

古典派の音楽 歴史的背景と演奏習慣
アントニー バートン

3,850(税込)送料無料

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • 古典派の音楽歴史的背景と演奏習慣[アントニーバートン]
  • +
  • ロマン派の音楽歴史的背景と演奏習慣[アントニーバートン]
  • 古典派の音楽 歴史的背景と演奏習慣
  • アントニー バートン

3,850円(税込)

在庫あり

3,850円(税込)

在庫あり

合計 7,700円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介

最新の知見に基づいて、鍵盤、弦、管、声楽の各分野をそれぞれ第一線で活躍する演奏家が執筆し、その前後にすべての分野に共通する章(「歴史的背景」「記譜法と解釈」「原典資料とエディション」)が置かれている。それらはすべて学問的知識のみならず(多くは最高水準の)演奏体験をもつ音楽家によって書かれた。様式にかなった演奏を実現するための貴重な情報源であり、演奏家のみならず、近年ますます研究が進展している古典派の時代様式を知りたいすべての人の必読書である。本書は3冊シリーズで、『バロック音楽ーー歴史的背景と演奏習慣』に続いて刊行される2冊目。日本語版には、訳者による懇切丁寧な註、詳細な人名索引と事項索引付き。<br/>

内容紹介(出版社より)

最新の知見に基づいて、鍵盤、弦、管、声楽の各分野をそれぞれ第一線で活躍する演奏家が執筆し、その前後にすべての分野に共通する章(「歴史的背景」「記譜法と解釈」「原典資料とエディション」)が置かれている。それらはすべて学問的知識のみならず(多くは最高水準の)演奏体験をもつ音楽家によって書かれた。様式にかなった演奏を実現するための貴重な情報源であり、演奏家のみならず、近年ますます研究が進展している古典派の時代様式を知りたいすべての人の必読書である。本書は3冊シリーズで、『バロック音楽ーー歴史的背景と演奏習慣』に続いて刊行される2冊目。日本語版には、訳者による懇切丁寧な註、詳細な人名索引と事項索引付き。

まえがき

はじめに

第1章 歴史的背景

第2章 記譜法と解釈

第3章 鍵盤楽器

第4章 弦楽器

第5章 管楽器

第6章 歌唱

第7章 原典資料とエディション

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 歴史的背景/第2章 記譜法と解釈/第3章 鍵盤楽器/第4章 弦楽器/第5章 管楽器/第6章 歌唱/第7章 原典資料とエディション

著者情報(「BOOK」データベースより)

バートン,アントニー(Burton,Anthony)
Cambridge Universityで音楽を学び、ニュー・イングランドとマンチェスターで芸術行政に携わったのち、15年間BBC第3ラジオ番組の音楽プロデューサーを務めた。現在は音楽の幅広い分野にわたってフリーで放送や著作に携わっている。イースト・ロンドンの2001年スピタルフィールズ音楽祭の芸術監督にも招かれた

角倉一朗(スミクライチロウ)
1932年東京生。東京芸術大学音楽学部楽理科卒、同専攻科修了。桐朋学園大学助教授、東京芸術大学助教授、同教授、神戸女学院大学特任教授を歴任。元日本音楽学会会長、元国際音楽学会理事。現在、東京芸術大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:楽譜

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ