変見自在プーチンよ、悪は米国に学べ[高山正之]
  • Googleプレビュー

変見自在プーチンよ、悪は米国に学べ
高山正之

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 変見自在 プーチンよ、悪は米国に学べ 1,210円
紙書籍版 変見自在プーチンよ、悪は米国に学べ 1,512円

商品基本情報

  • 発売日:  2014年09月18日頃
  • 著者/編集:   高山正之
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  220p
  • ISBNコード:  9784103058793

商品説明

学校で教えず、新聞・テレビは絶対に報じない。これが正しい歴史と常識だ! クリミア併合やマレーシア機撃墜の?黒幕?も、テキサスやハワイを強奪した世界一のワル・米国には敵わないーー。世界各地で混血児を生ませる米軍に「性奴隷」批判の資格なし、ベトナム人大殺戮は知らん顔の韓国軍、自らの邦人虐殺を731証拠写真に仕立てた中国……読めば様々な真実が分かる、目からウロコの世界仰天裏面史。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
クリミア併合やマレーシア航空機撃墜の“黒幕”も、テキサスやハワイを強奪した世界一のワル・米国には敵わないー読めば様々な真実が分かる、目からウロコの世界仰天裏面史。「週刊新潮」連載の超辛口名物コラム。傑作選、第九弾。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 世間は今日もウソばかり(「水に落ちた犬を叩く」ルーツは米国だった/ウソつきは大新聞だけとは限らない ほか)/第2章 米国人はどこまで下劣か(権力者が絶対に手を出してはいけないモノ/米兵御用達「国別女性対処法」 ほか)/第3章 新聞では正しいことを学べない(マッカーサー映画は真っ赤なウソだらけ/新聞が民主主義より大切にするもの ほか)/第4章 米中が接近するのも頷ける(米紙の日本叩きには必ずウラがある/環境適応力は日本人が一番 ほか)/第5章 日本人は世界一(放射線危険値の根拠がハエの実験とは/日本映画をダメにした本当の「敵」 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
高山正之(タカヤママサユキ)
1942年生まれ。ジャーナリスト。1965年、東京都立大学卒業後、産経新聞社入社。社会部デスクを経て、テヘラン、ロサンゼルス各支局長。98年より3年間、産経新聞夕刊1面にて時事コラム「異見自在」を担当し、その辛口ぶりが評判となる。2001年から07年まで帝京大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

1,512円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ