路地裏の資本主義[平川克美]
  • Googleプレビュー

路地裏の資本主義 (角川SSC新書)
平川克美

885円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 路地裏の資本主義 713円
紙書籍版 路地裏の資本主義 885円

商品基本情報

  • 発売日:  2014年09月10日頃
  • 著者/編集:   平川克美
  • レーベル:   角川SSC新書
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  230p
  • ISBNコード:  9784047316423

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
もっとも広く世界で採用された資本主義だが、今や穏健で理想的なシステムというより、格差を拡大させながら、地球規模で迷走し始めた暴力的な収奪システムに変貌しつつあると言えよう。資本主義は何処へ行こうとしているのか。それとも、資本主義に代わりうる経済システムが構想されるのか。会社経営の実業家としての顔だけではなく、喫茶店店主として働き始めた著者が商店街や路地裏を歩きながら、身近な経済を通してわたしたち現代社会の問題点と将来のあり方を考察していく。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 資本主義のまぼろし(そもそも、資本主義とは何なのか/貨幣信仰と自然の慎み深さについて ほか)/第2章 路地裏の資本主義(借金まみれの資本主義/厚顔無恥な人々 ほか)/第3章 国民国家の終わりと、株式会社の終わり(フィクションとしての株式会社/始まったものは必ず終わる ほか)/第4章 “猫町”から見た資本主義(都会の中のローカルな場所/猫との対話 ほか)/第5章 銭湯は日本経済を癒せるのか(公共の生活空間/銭湯が消えて、マンションが建った ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
平川克美(ヒラカワカツミ)
1950年、東京都生まれ。実業家、著述家。早稲田大学理工学部卒業後、内田樹氏らと翻訳が主業務の株式会社アーバン・トランスレーション設立。1999年、シリコンバレーのBusiness Cafe Inc.設立に参加。現在、オープンソース技術のコンサルティング・教育が主業務の株式会社リナックスカフェ代表。声と語りのダウンロードサイト「ラジオデイズ」の代表も務める。2011年より立教大学大学院特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(18件)

総合評価
 3.69

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

885円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      日本が売られる
      日本が売られる

      堤未果

      928円(税込)

    2. 2
      払ってはいけない
      払ってはいけない

      荻原 博子

      820円(税込)

    3. 3
      「さみしさ」の研究
      「さみしさ」の研究

      ビート たけし

      820円(税込)

    4. 4
      【予約】探偵チームKZ事件ノート 消えた黒猫は知っている
      【予約】探偵チームKZ事件ノート 消えた…

      住滝 良

      885円(税込)

    5. 5
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ