本屋大賞決定!
現在地
トップ >  > 絵本・児童書・図鑑 > その他
ここまでわかった!太陽系のなぞ探査機の写真で見えてきたおどろきの姿(子供の科学・サイエンスブックス)[沼沢茂美]
  • Googleプレビュー

ここまでわかった!太陽系のなぞ 探査機の写真で見えてきたおどろきの姿 (子供の科学・サイエンスブックス)
沼沢茂美

2,420(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

探査機が惑星に行ったり、また天体望遠鏡の性能が向上したりと、最近では、太陽系観測技術が格段にレベルアップしました。惑星表面のたいへん詳しい姿、火山が噴火している様子、巨大な砂嵐が巻き起こっている様子など、ひじょうにダイナミックな現象も捉えられています。また火星に過去水があった証拠や、小惑星がつねに衝突を繰り返した証拠などもとらえられ、これまで遠くにあることでベールに包まれてきた様々な謎が解明されてきています。<br>本書は、そんな太陽系天体たちの詳細な姿を見ながら、さまざまな謎について解説します。著者は、天文学をわかりやすく解説することで定評のある、沼澤茂美、脇屋奈々代氏です。また、『木星にはなぜ地面がない?』『土星はどうして水に浮く?』などの、不思議なエピソードも紹介します。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
火山、砂嵐、天体衝突…太陽系天体のなぞがしだいにわかってきた!最新の観測機器でとらえられた太陽系天体の写真を見ながら、様々ななぞに迫る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
太陽系の誕生(ガスと塵から生まれた太陽系/太陽系の誕生/太陽系のしくみ/オールトの雲の正体/太陽系の天体 ほか)/太陽系の天体(太陽/水星/金星/地球/月 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
沼澤茂美(ヌマザワシゲミ)
新潟県神林村で過ごし、上京して建築設計を学び、建築設計会社を経てプラネタリウム館で番組制作を行う。1984年、日本プラネタリウムラボラトリーを設立する。天文イラスト・天体写真の仕事を中心に、執筆。NHKの天文科学番組の制作や海外取材、ハリウッド映画のイメージポスターを手がけるなど広範囲に活躍

脇屋奈々代(ワキヤナナヨ)
新潟県長岡市に生まれ、大学で天文学を学び、のちにプラネタリウムの職に就き、解説や番組制作に携わりながら太陽黒点の観測を長年行ってきた。1985年、日本プラネタリウムラボラトリーに参入して、プラネタリウム番組シナリオ、書籍の執筆、翻訳などの仕事を中心に、NHK科学宇宙番組の監修などで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • (無題)
    k-z00-19
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2019年08月11日

    取り寄せでしたが、5日程で到着。
    こどもが図書館で何度も借りるほど気に入ったようで購入。
    太陽系の場所から、生まれてからさいごまで。
    太陽系天体8つと月、小惑星、準惑星、彗星、オールトの雲。各データが載っています。
    こどもにもわかりやすい写真や文章でふりがなつきで読みやすいですが、写真解説文などはふりがななしです。
    他図鑑と値段が変わらないわりにページ数は少ないですが、太陽系が好きでじっくり読む分にはぴったりだと思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ