DVDブルーレイ 大特価セール最大80%OFF
金田一少年の事件簿N(neo)[DVD-BOX][山田涼介(Hey!Say!JUMP)]
DVD
現在地
トップ > DVD > 特撮 > テレビ

金田一少年の事件簿N(neo)[DVD-BOX]
山田涼介

参考小売価格:17,496円 3,477円(19%)OFF!
14,019円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品基本情報

商品説明

★DVD&Blu-ray BOX共通 封入特典
ブックレット(28P)

★DVD&Blu-ray BOX共通 映像特典
◆メイキング クランクイン/オフショット/バースディ/オールアップ集 ほか
◆MC春奈プレゼンツ「金田一少年の事件簿N 」のネオな魅力!スペシャル版 
◆PRスポット

※仕様は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

ジッチャンの名にかけて!
金田一シリーズ13年ぶりの“連続ドラマ”!
全話未放送場面を加えたディレクターズカット版として登場!!

山田涼介演じる金田一一(はじめ)が、美雪、佐木ら不動高校ミステリー研究部のメンバー、剣持警部と共に、シリーズ史上最も大胆かつ難解なトリックに挑む!
 

累計発行部数9000万部を超える原作漫画「金田一少年の事件簿」シリーズは、1992年の連載開始以降、日本にミステリー漫画ブームを巻き起こした。
1995年、堂本剛(Kinki Kids)を主演としてドラマ化され、怪奇的な事件の恐怖感と、巧妙なトリックを暴く謎解きの痛快さが話題に。
以来、2001年に松本潤(嵐)が、2005年に亀梨和也(KAT-TUN)が、新たに主演を務め、時代の変化とともに、「金田一少年の事件簿」シリーズは継続されてきた。
そして2013年、4代目として“金田一はじめ”を襲名したのが、
Hey!Say!JUMPの 山田涼介。
2013年に「香港九龍財宝殺人事件」、2014年1月に「獄門塾殺人事件」と、海外を舞台にした作品を、日本テレビ開局60年特別番組として2年連続で放送。
そして、2014年7月、13年ぶりに連続ドラマとしていよいよ復活!

<収録内容>
[Disc]:DVD6枚(本編5枚+特典ディスク1枚)
・画面サイズ:16:9LBビスタサイズ
・音声:ドルビーデジタルステレオ
・字幕:日本語字幕(本編のみ)
・本編(#1〜#9収録)+特典映像

<キャスト>
金田一 ・・・・・山田 涼介(Hey! Say! JUMP) 
七瀬美雪・・・・・ 川口 春奈
佐木竜二・・・・・・有岡 大貴(Hey! Say! JUMP) 
真壁 誠・・・・・・浅利 陽介
畠山高徳・・・・・・宮下 純一
高遠遼一・・・・・・成宮寛貴
剣持 勇・・・・・・山口 智充

<スタッフ>
原作  天樹征丸 / 金成陽三郎  漫画  さとうふみや (講談社)   脚本  高橋悠也
音楽  見岳章   主題歌  Hey!Say!JUMP「ウィークエンダー」(ジェイ・ストーム)
チーフプロデューサー  神蔵克 プロデューサー  櫨山裕子  荻野哲弘  内山雅博
演出   木村ひさし 狩山俊輔 山田信義      
制作協力  オフィスクレッシェンド
製作著作  日本テレビ 
(C)NTV(C)天樹征丸・金城陽三郎・さとうふみや/講談社   発売元:バップ

<ストーリー>(第1話より)
名探偵・金田一耕助を祖父に持つ金田一はじめ(山田涼介)はお調子者だが、事件が起これば天才的な推理力で解決する高校2年生。
幼なじみで同級生の七瀬美雪(川口春奈)、後輩の佐木竜二(有岡大貴)とともにミステリー研究部に所属している。

ある日、美雪が映画研究部の部長・蔵沢光(神木隆之介)から新作映画のヒロイン役にスカウトされ、主演を務めることに。しかし、映画研究部には“スコーピオンの呪い”という「『殺人鬼スコーピオン』の制作に関わった人間は死ぬ」という恐ろしい噂があった。スコーピオンの呪いに興味を持つミステリー研究部部長・真壁誠(浅利陽介)の発案で、はじめたちミステリー研究部の面々も映画研究部の撮影に潜入する。

美雪が抜擢されたことで、主役から降ろされた黒河美穂(岡本あずさ)ら映研部員たちは不満を抱いていた。そんな中、学校の体育館で映画の撮影がスタート。カメラがまわったそのとき、舞台の緞帳が上がる。すると、大量の16ミリフィルムで天井から吊るされた死体が現れる。死んでいたのは『殺人鬼スコーピオン』の制作に参加していた映研部員だった。

警察の現場検証が行われ、警視庁捜査一課の剣持警部(山口智充)と畠山高徳(宮下純一)は、その部員に深い恨みを抱く者による殺人事件と断定。
“スコーピオンの呪い”は本当だったと怯える映研部員たち。しかし、蔵沢は映画の撮影を続行すると宣言。映画の撮影が続く中、第二の殺人が発生してしまう。次々と部員が殺されているにも関わらず、映画の撮影に執念を燃やす蔵沢。はじめは、蔵沢が『殺人鬼スコーピオン』に関して何か隠していることがあると考えるが……。



ジャニーズ情報を総チェック!!

画面サイズ:ビスタサイズ=16:9LB

色彩:カラー

言語: 日本語(オリジナル言語)

音声方式: ドルビーデジタルステレオ(オリジナル音声方式)

字幕言語: 日本語字幕/バリアフリー日本語字幕

制作国: 日本

タイトル:KINDAICHI SHOUNEN NO JIKENBO N(NEO) DIRECTOR`S CUT BAN DVD-BOX

収録タイトル:

[Disc1]
『金田一少年の事件簿N(neo) ディレクターズカット版 DVD-BOX』/DVD
アーティスト:山田涼介/川口春奈/有岡大貴 ほか
出演:山田涼介/川口春奈/有岡大貴ほか
脚本:高橋悠也
原作:天樹征丸ほか
プロデュース:神蔵克ほか
「金田一少年の事件簿N(neo)」
[Disc2]
『金田一少年の事件簿N(neo) ディレクターズカット版 DVD-BOX』/DVD
[Disc3]
『金田一少年の事件簿N(neo) ディレクターズカット版 DVD-BOX』/DVD
[Disc4]
『金田一少年の事件簿N(neo) ディレクターズカット版 DVD-BOX』/DVD
[Disc5]
『金田一少年の事件簿N(neo) ディレクターズカット版 DVD-BOX』/DVD
[Disc6]
『金田一少年の事件簿N(neo) ディレクターズカット版 DVD-BOX』/DVD

商品レビュー

総合評価
 4.33
  • (無題)
    J☆ママ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年03月09日

    昔に観たのですが、JUMPのファンになってから購入しました。
    山田くんの演技が大好きです。

    0人が参考になったと回答

  • 金田一少年の事件簿N (neo) [DVD-BOX]
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2015年05月30日

    孫に頼まれ金田一少年の事件簿N neo かつてほしいと頼まれて購入した。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2015年04月01日

    『金田一少年の事件簿』が好きなので、予約しました。
    続編があるといいです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

参考小売価格: 17,496円 3,477円(19%)OFF!

14,019円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:特撮

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】初めて恋をした日に読む話 DVD-BOX
      【予約】初めて恋をした日に読む話 DVD-BOX

      深田恭子

      15,390円(税込)

    2. 2
      【予約】薔薇とチューリップ スペシャル DVD BOX<2枚組特典ディスク付 A(プレミアムイベント1回目・メイキング他)>(初回限定版)
      【予約】薔薇とチューリップ スペシャル …

      ジュノ

      6,486円(税込)

    3. 3
      【予約】とんぼ
      【予約】とんぼ

      長渕剛

      12,312円(税込)

    4. 4
      ジュラシック・ワールド/炎の王国
      ジュラシック・ワールド/炎の王国

      クリス・プラット

      1,000円(税込)

    5. 5
      【予約】ミッション:インポッシブル/フォールアウト
      【予約】ミッション:インポッシブル/フォ…

      サイモン・ペッグ

      1,000円(税込)

    このページの先頭へ