楽天Kobo・RakutenTV・楽天マガジンを初めてご利用で楽天ブックスでのお買いものがポイント最大28倍
現在地
トップ >  > 旅行・留学・アウトドア > テーマパーク
ディズニーがスタッフに最初に教えたこと[小松田勝]
  • Googleプレビュー

ディズニーがスタッフに最初に教えたこと
小松田勝

1,430(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

オープン当時、教育担当を務めた著者が明かす、人材育成で、いちばん大切なこと。新人キャストが数日間で「プロ」になる魔法の教育とは?

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 ディズニー流の教育はここが違う(最初からプロはどこにもいない。だからこそ、「全員がプロになるしくみ」をつくる。/働く人に誇り、喜びがないと、顧客は不快になる。/「流れ作業」からは、感動は生まれない。/パークは永遠に完成しない。ショーは本日が初演。/感動を共有することで、仕事への誇りが生まれる。/人として大切なことをしっかり理解していれば、おのずとよい仕事ができるようになる。)/第2章 知識や技術より、優先して教えること(ゲストへの気づかいを、まず従業員に対して行う。/つまらない「こだわり」は捨て、細かな「気づかい」をする。)/第3章 好業績企業に共通する「気づき力」の高め方(「自社だけがよければいい」という考え方からまず離れる。/話し合いを重ねることで、本質に気づく。/「よい仕事とは何か」に気づくためのフックを仕掛ける。/ノウハウは日々、上書きする。/今日の「気づき」は明日の「しくみ」。/教え過ぎない。考えさせる。)/第4章 部下や後輩の「気づき力」を育てている実践方法(“働きがいのある職場”以外の場所で、レベルの高い仕事はできない。/「よい仕事」を自然に真似し合うためのしくみをつくる。/「褒める」をシステム化する。/例外はない。教育は全員に行う。)

著者情報(「BOOK」データベースより)

小松田勝(コマツダマサル)
1951年生まれ。慶應義塾大学中退後、シズラーステーキジャパンのオープニングマネージャー、懐石料理店店長等を経て83年オリエンタルランドに入社。東京ディズニーランド食堂部教育担当リーダーとして教育訓練システム開発と実施、人事部診療所スーパーバイザーとしてパーク全体の避難訓練体制やゲスト、キャストの診療体制づくりなどを行う。その後、コンサルティングファーム勤務を経て、93年に独立。マネジメント&ネットワークオフィスを設立。国内外企業のコンサルテーション、研修、セミナーを行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:旅行・留学・アウトドア

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ