本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 美容・暮らし・健康・料理 > 健康 > 家庭の医学

いい覚悟で生きる がん哲学外来から広がる言葉の処方箋
樋野 興夫

1,540(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2014年10月29日頃
  • 著者/編集:   樋野 興夫(著)
  • 出版社:   小学館
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  192p
  • ISBN:  9784093883894

よく一緒に購入されている商品

  • いい覚悟で生きるがん哲学外来から広がる言葉の処方箋[樋野興夫]
  • +
  • 明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい(幻冬舎文庫)[樋野興夫]
  • いい覚悟で生きる がん哲学外来から広がる言葉の処方箋
  • 樋野 興夫

1,540円(税込)

在庫あり

合計 2,090円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介

「がん哲学外来」提唱者が贈る言葉の処方箋

がんになっても、人生は続く。がんになってから、輝く人生だってある。
がんと告知されてから患者さんが心に抱えることは、「病気、治療、死に対する不安が3分の1で、あとは人間関係の悩みが実はいちばん多い。家族、職場、医師……それまでなんとも思わなかった周囲の言動に反応して心が傷つくのです」と、「がん哲学外来」の提唱者で発がん病理学者の著者・樋野興夫先生は言います。
「がん哲学外来」とは、多忙な医療現場と患者さんの「すきま」を埋めるべく予約制・無料で開設された、今もっとも注目を集める「対話の場」です。約60分、著者はがん患者やその家族とお茶を飲みながら、不安や精神的苦痛を直に聞いて解消できる道を一緒に探します。そして、どんな境遇にあっても「人はいかにして生きるか」という人生の基軸となるような「言葉の処方箋」を贈っています。その数は延べ約3000人にも及びます。
本書は、がん哲学外来の「言葉の処方箋」を初めてまとめた待望の一冊。著者自身が影響を受けた新渡戸稲造や内村鑑三、病理学の師である吉田富三ら偉人たちの語り継がれる金言から、哲学的なのにユーモアあふれる一言まで、読めばくじけそうな心が元気になる、人生に「いい覚悟」を持って生きるための言葉にあふれています。

がん哲学外来ー心地よく、気軽く

第1章 ゆだねる

人生いばらの道、されど宴会
ユーモアとはユー・モアなり「あなたを、もっと大切に」
八方塞がりでも天は開いている
無頓着に大胆になること
目下の急務はただ忍耐あるのみ
砕けたる心、小児のごとき心、有のままの心
あなたには死ぬという大切な仕事が残っている
「暇げな風貌」と30秒の静思を

第2章 つながる

いい覚悟を持って生きる
いのちに期限はありません
思い出すのもいやな思い出ともつき合う
マイナス×マイナスでプラスに転じる
自分を見ないという生き方もある
人生は不連続の連続である
「偉大なるお節介症候群」と認定します

第3章 受けとめる

あいまいなことは、あいまいに考える
がん細胞は、わが家の不良息子と同じ
孤独を友としましょう
がんも病気も個性のひとつです
どうせ人は死ぬのだから
プロとして客観的な視点で自分をとらえる
肝臓のすぐれた働きに学ぶ
尺取虫になって歩む
「天寿がん」でいきましょう

第4章 乗り越える

病気であっても、病人ではない
今日は「今日の苦労」で十分
楕円形のようにバランスよく生きる
愉快に過激に品性を持って
疾風に勁草を知る
グレーゾーンに対して語るには愛しかない
自己に頼るべし、他人に頼るべからず
センス・オブ・プロポーション

第5章 与える

人生の目的は品性を完成するにあり
お互いが苦痛にならない存在となる
明日死ぬとしても、今日花に水をやる
勇ましい高尚なる生涯
寄り添う心は言葉を超える
余計なお節介よりも偉大なるお節介を
なすべきことをなそうとする愛
病床にあっても、あなたは役立っている
人生と向き合うチャンスは思いがけず与えられる

患者さんが笑顔を取り戻すために医療の維新を目指して

「がん哲学外来のチーム医療」を支える偉人たちーー参考図書リスト

内容紹介(出版社より)

「がん哲学外来」提唱者が贈る言葉の処方箋

がんになっても、人生は続く。がんになってから、輝く人生だってある。
がんと告知されてから患者さんが心に抱えることは、「病気、治療、死に対する不安が3分の1で、あとは人間関係の悩みが実はいちばん多い。家族、職場、医師……それまでなんとも思わなかった周囲の言動に反応して心が傷つくのです」と、「がん哲学外来」の提唱者で発がん病理学者の著者・樋野興夫先生は言います。
「がん哲学外来」とは、多忙な医療現場と患者さんの「すきま」を埋めるべく予約制・無料で開設された、今もっとも注目を集める「対話の場」です。約60分、著者はがん患者やその家族とお茶を飲みながら、不安や精神的苦痛を直に聞いて解消できる道を一緒に探します。そして、どんな境遇にあっても「人はいかにして生きるか」という人生の基軸となるような「言葉の処方箋」を贈っています。その数は延べ約3000人にも及びます。
本書は、がん哲学外来の「言葉の処方箋」を初めてまとめた待望の一冊。著者自身が影響を受けた新渡戸稲造や内村鑑三、病理学の師である吉田富三ら偉人たちの語り継がれる金言から、哲学的なのにユーモアあふれる一言まで、読めばくじけそうな心が元気になる、人生に「いい覚悟」を持って生きるための言葉にあふれています。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

がんと告知されてからの「人間関係の悩み、不安」を珠玉の言葉で救う本。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 ゆだねる(人生いばらの道、されど宴会/ユーモアとはユー・モアなり「あなたを、もっと大切に」 ほか)/第2章 つながる(いい覚悟を持って生きる/いのちに期限はありません ほか)/第3章 受けとめる(あいまいなことは、あいまいに考える/がん細胞は、わが家の不良息子と同じ ほか)/第4章 乗り越える(病気であっても、病人ではない/今日は「今日の苦労」で十分 ほか)/第5章 与える(人生の目的は品性を完成するにあり/お互いが苦痛にならない存在となる ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

樋野興夫(ヒノオキオ)
1954年、島根県生まれ。順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授、順天堂大学大学院医学研究科環境と人間専攻分子病理学教授、医学博士。一般社団法人がん哲学外来理事長。米国アインシュタイン医科大学肝臓研究センター、米国フォックスチェイスがんセンター、癌研実験病理部長を経て現職。日本癌学会理事、日本家族性腫瘍学会名誉理事長、第99回日本病理学会総会会長、がん哲学外来市民学会代表。2008年、提唱する「がん哲学外来」を開設し、現在では「がん哲学外来&メディカルカフェ」を全国で展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:美容・暮らし・健康・料理

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】キレイはこれでつくれます
      【入荷予約】キレイはこれでつくれます

      MEGUMI

      1,650円(税込)

    2. 2
      心に効く美容
      心に効く美容

      MEGUMI

      1,650円(税込)

    3. 3
      ロジカルダイエット  3か月で「勝手に痩せる体」になる
      ロジカルダイエット  3か月で「勝手に痩…

      清水忍

      990円(税込)

    4. 4
      80歳の壁を超える 骨がみるみる強まる骨粗鬆症の治し方大全
      80歳の壁を超える 骨がみるみる強まる骨…

      猪瀬弘之

      1,738円(税込)

    5. 5
      作業5分で不思議パン
      作業5分で不思議パン

      青木ゆかり(♪♪maron♪♪)

      1,679円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ