チーム・ブライアン[ブライアン・オーサー]
  • Googleプレビュー

チーム・ブライアン
ブライアン・オーサー

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 チーム・ブライアン 1,242円
紙書籍版 チーム・ブライアン 1,512円

商品基本情報

商品説明

羽生結弦を頂点に導いた男。
フィギュアスケート世界最強コーチが明かす、綿密な戦略と熱い戦いのストーリー。

オーサー&ユヅル対談収録!

本書の目次
序 章 ブライアン・オーサー&羽生結弦 師弟対談
第1章 ミスター・トリプルアクセル
第2章 キム・ヨナ
第3章 ユヅルとハビエル
第4章 ソチオリンピック
第5章 チーム・ブライアンのコーチング
終 章 ソチオリンピック後、未来へ

【内容情報】(出版社より)
羽生結弦を頂点に導いた男。フィギュアスケート世界最強コーチが明かす、綿密な戦略と熱い戦いのストーリー。オーサー&ユヅル対談収録!


羽生結弦を頂点に導いた男。
フィギュアスケート世界最強コーチが明かす、綿密な戦略と熱い戦いのストーリー。

オーサー&ユヅル対談収録!

本書の目次
序 章 ブライアン・オーサー&羽生結弦 師弟対談
第1章 ミスター・トリプルアクセル
第2章 キム・ヨナ
第3章 ユヅルとハビエル
第4章 ソチオリンピック
第5章 チーム・ブライアンのコーチング
終 章 ソチオリンピック後、未来へ
はじめに
序 章 ブライアン・オーサー&羽生結弦 師弟対談
 「ユヅルのスケーティングスタイル」を探して
 プログラムを最後まで演じきる力
 「いつも通り」のオリンピックへ
 ブライアンの喜ぶ顔を見て悔しさが嬉しさに
 フィギュアスケートのレベルアップを牽引する
 ブライアンから得たことを伝えたい
第1章 ミスター・トリプルアクセル
 フィギュアスケートと恋に落ちて
 男子フィギュアを変えた震源地
 オリンピックという魔物
 新しいことに挑戦する意欲
 4回転に挑戦

 解説
第2章 キム・ヨナ
 腰を抜かすほどの才能
 毎日泣きながらの練習
 練習を量から質へ
 浅田真央へのライバル心
 ヨナが初めて笑った

 解説
第3章 ユヅルとハビエル
 アダムとクリスティーナ、2つの経験
 ハプニング満載のハビエル
 才能あふれるのにコントロールできないユヅル
 つねに全力で演じるのがユヅルの美学
 選手が2人でも責任は私ひとりで背負う

 解説
第4章 ソチオリンピック
 ユヅルの力強さがぴったりハマる曲
 勢力図が変わった福岡のグランプリファイナル
 見ごたえのあった全日本選手権
 オリンピック団体戦は別の試合と考える
 チーム・ブライアン出陣

 解説
第5章 チーム・ブライアンのコーチング
 チーム・ブライアンの陣容
 パッケージング、マネージング、モチベーティング
 2人のトップスケーターへの接し方
 ISUが求める変化に対応する
 点数を上げるアプローチ

 解説
終 章 ソチオリンピック後、未来へ
 2014年世界選手権でダブル表彰台
 新シーズンのプログラムの決まり方
 無理をしてでも新しい持ち味を探す時期
 ハビエルへ
 ユヅルへ
 My Mission
監修者のことば

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
羽生結弦を頂点に導いた男。フィギュアスケート世界最強コーチが明かす、綿密な戦略と熱い戦いのストーリー。オーサー&ユヅル対談収録!

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 ブライアン・オーサー&羽生結弦 師弟対談/第1章 ミスター・トリプルアクセル/第2章 キムヨナ/第3章 ユヅルとハビエル/第4章 ソチオリンピック/第5章 チーム・ブライアンのコーチング/終章 ソチオリンピック後、未来へ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
オーサー,ブライアン(Orser,Brian)
フィギュアスケートコーチ。1961年カナダ生まれ。フィギュアスケート男子シングルの選手として、1984年サラエボオリンピック、1988年カルガリーオリンピックの2大会連続で銀メダルを獲得し、1987年世界選手権で優勝したスーパースター。1988年に引退した後はプロスケーターとして世界各国でアイスショーに出演、人気を博す。2006年、キム・ヨナの指導をきっかけにコーチに専任するようになり、現在は男子シングルのトップスケーター、羽生結弦とハビエル・フェルナンデスの指導にあたる

樋口豊(ヒグチユタカ)
フィギュアスケートコーチ、振付師、解説者。1949年東京生まれ。フィギュアスケート男子シングルの選手として、1968年グルノーブルオリンピック、1972年札幌オリンピック日本代表。全日本選手権では1969年大会から1971年大会まで3連覇。1968年から1971年までトロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブのメンバー。1972年世界選手権後に現役引退。現在は明治神宮外苑アイススケート場ヘッドコーチを務めると共に、定評のあるテレビ解説で日本のフィギュアスケート人気に貢献している

野口美惠(ノグチヨシエ)
スポーツ・ジャーナリスト、元毎日新聞記者。自身のフィギュアスケート経験と審判資格をもとに、ルールや技術に正確な記事を執筆し、国内外の選手・コーチからの信頼も厚い。トロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブの夏季メンバーでもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(40件)

総合評価
 4.47

ブックスのレビュー

  • 知的で戦略的なオーサーのコーチ術
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年11月29日

    日本のスケート界に敬意を払いつつ、確実に勝たせるための様々な工夫と戦略が読めて面白い。メンタル、技術、体調管理と全てにプロフェッショナルなチームを組んで選手自身に必ず勝てるという自信をつけ勝たせていく手法は見事である。羽生と、フェルナンデスの記述には愛があふれ読んでいても楽しいが、キムヨナについては、かなり気を遣って本音を隠して述べている感がある。キムを浅田に勝たせるために、細心の注意を払い、緻密に周到に計画し女王のように大切に育て守り切ってメダルを取らせたが、キム親子側からの一方的な別離宣言によって袂を分かつところはオーサーの複雑な感情が見て取れる。逆説的に読めばそれほどの戦略がなければキムは浅田には勝てないとオーサーが考えていたということなのだが。だからもしオーサーが浅田のコーチだったらどうだったかともつい考えてしまう。オリンピックに於いて選手を守るためにオーサーがしたことは、無策な日本スケ連に大いに参考にしてもらいたい。意図的か、本音とも思えないがキムを異常に美化しているところもあるので、そこは頂けないが、羽生をいかに大切に愛情かけて育てているのかがわかる点で読む価値はあった。いずれにせよ、オーサーが世界最高のコーチの一人であることは間違いない。敬称略

    12人が参考になったと回答

  • クリケットクラブや彼自身、教え子のこと
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2014年12月13日

    ブライアン・オーサー氏の人柄溢れる1冊だと思います。
    すでに過去のインタビューなどから、知ってることも多かったけど、知らないこともあったし、面白かったです。
    教え子への愛溢れる言葉、本当に教え子を息子のように思っているんだなと。
    オーサーコーチは良いお父さんですね。
    ハビ、人柄も素晴らしく、選手としても大好きですが、スペイン人気質とはきいていたけど、具体例がいくつか書かれており、笑ってしまいました。
    「手のかかる息子の子育てが始まった」。
    オーサー氏の心労?がしのばれます笑
    でもすごく愛情を持って接してるんだなぁというのがダダ漏れです笑
    結弦くんとオーサー氏はタイプが似ているから良い関係を築けるんでしょうね。
    偉業だけど本人的には悔しいオリンピックも、「悔しかったけど、ブライアンが喜んでるのを見て自分も嬉しくなってきた」とは結弦くんの言葉。
    師弟愛が素敵。
    環境はもちろん、いい関係を築いてるからこそ、教え子達はすくすくと伸びていくんだろうなと。
    ガオちゃんは少し書かれていたけど、もう少しナムくんとのことも知りたかったな。
    リッポンも…とは思ったけど、良い決別ではなかったようなので仕方ないのかも。この2人はタイプが合わなさそうだし。真実は当人にしか分かりませんが。
    やはり自分がプロスケーターを引退までして初めてフルコーチしたヨナちゃんについては、思いも思い出も格別深い様子。彼の思いや過去のこと、興味深く読みました。そしてあの決別についても少しだけ書かれていました。
    すごくいい関係だったのだからこそ、こういう結末が本当に残念ですね。ヨナ側(というか親?)にも思うところはあったんだろうけど。
    良くも悪くもビジネスライクになりきれず情が深いオーサーコーチは、これからも度々傷ついてしまうことはある意味避けられないのかもしれないし、世話を焼かれるのがしんどいタイプとは合わないのかもしれないけど、個人的にはこういう情の深いタイプのコーチって好感が持てるし、好きです。
    これからもたくさんの素敵なスケーターを育てていって欲しいです。

    5人が参考になったと回答

  • ブライアンの成功物語
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年01月19日

    羽生結弦のファンなので、この本を読んでみようと思いました。この本は、ブライアン・オーサーが「チーム・ブライアン」を作り、コーチとして世界一になるまでの物語です。(「チーム・ブライアン」とは彼が校長の「フィギュアスケート学校」なのです。)選手としても優秀だった彼をコーチの職に導いたのはキム・ヨナだったのです。(キム・ヨナは突然やって来て突然ブライアンの元を去ったそうです。)我らが浅田真央がオリンピックを目指して頑張っているその時に、カナダではキム・ヨナがブライアンと周到に準備をしていたらしく、その章を読むと今でもとても悔しくてなりません。やはりオリンピックの表彰台に上がった人でなければ、教え子を表彰台に導くことは出来ないのか・・・とも思ってしまいます。ブライアンはとても謙虚な人で、その選手を育てた家族やコーチへの賞賛を惜しまない姿勢は、とても好感が持てました。羽生結弦やハビエル・フェルナンデスについて書いてある部分はとても楽しく読めました。自身も言う通り、ブライアンは世界中で一番幸運なコーチだと思います。それは、ブライアンがスケートが大好きであること、コーチにも周囲にも恵まれ、豊かな人間性とそれに付随する豊かな人脈を築いていけたからなのでしょう。「チーム・ブライアン」のようにはいかないだろうけど、日本のスケ連は大いに参考にして欲しいものです。浅田真央という不世出の選手にオリンピックで金メダルを取らせられなかったこと、また、昨年の世界選手権で2位になり羽生の点数に肉薄した町田樹に、シーズン半ばで引退の決断をさせてしまったこと等々、この本を読んでいて悔しくなることも多いです。また、ブライアンも書いているように、オリンピックで選手が良い演技を出来るよう、日程、時間等にもスケ連は声をあげていって欲しいです。平昌オリンピックは、羽生の2冠か、ハビエルか、ナム・グエンがカナダの呪いを破るのか、それともジュニアの台頭か・・・今後も大好きなフィギュアスケートから目が離せそうにありません。そしてなお、チーム・ブライアンに何故羽生が入ることになったのか、何故羽生だったのかは謎のままです。(敬称略)

    3人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,512円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      #名画で学ぶ主婦業
      #名画で学ぶ主婦業

      田中久美子(美術史)

      1,296円(税込)

    2. 2
      #名画で学ぶ主婦業
      #名画で学ぶ主婦業

      田中久美子(美術史)

      1,296円(税込)

    3. 3
      ドリブルデザイン
      ドリブルデザイン

      岡部 将和

      1,836円(税込)

    4. 4
      はじめてのやせ筋トレ
      はじめてのやせ筋トレ

      とがわ 愛

      1,296円(税込)

    5. 5
      友情2 平尾誠二を忘れない
      友情2 平尾誠二を忘れない

      山中 伸弥

      1,512円(税込)

    1. 1
      ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 建築ガイドブック 建築+スイッチ活用術+DLCデータ
      電子書籍ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シ…

      株式会社スクウェア・エニックス

      1,620円(税込)

    2. 2
      「恋愛地獄」、「婚活疲れ」とはもうサヨナラ! ”最後の恋”を”最高の結婚”にする 魔法の「メス力」
      電子書籍「恋愛地獄」、「婚活疲れ」とはもうサヨ…

      神崎 メリ

      1,404円(税込)

    3. 3
      泣ける競馬
      電子書籍泣ける競馬

      平松 さとし

      1,350円(税込)

    4. 4
      競馬王のPOG本 2019-2020
      電子書籍競馬王のPOG本 2019-2020

      競馬王編集部

      1,944円(税込)

    5. 5
      野球を裏切らないーー負けないエース 斉藤和巳
      電子書籍野球を裏切らないーー負けないエース 斉…

      元永知宏

      1,944円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ