わたしの記憶が消えないうちにデコ最後の上海バンスキング[吉田日出子]
  • Googleプレビュー

私の記憶が消えないうちに デコ最後の上海バンスキング
吉田日出子

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2014年11月28日頃
  • 著者/編集:   吉田日出子
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  229p
  • ISBNコード:  9784062191104

商品説明

性格派女優であり恋多き女・吉田日出子は、いま深刻な障害にとりつかれている。記憶が去ってゆくという症状に。
その発症以前から、最後の一冊としてライター・小峰敦子さんに語っていた女優の一生。
現在、生まれ育った家で同居する母・正子さんは、医師にして三度結婚した豪傑。戦前のフランス・パスツール研究所へ留学し、パリで岡本太郎や早川雪州と交流も持った。
おもしろエピソード満載のエッセー。
吉田日出子が観客の前で最後に歌ったミュージカル『上海バンスキング』の劇中歌、「ウエルカム上海」を購読者が聞ける特典も。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ご無沙汰のワケ/第2章 愛しの自由劇場/第3章 夢のあとさき/第4章 家を建ててトゥルーパーがやってきた/第5章 こぼれ落ちていくもの/第6章 母/第7章 歌っていたい

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
吉田日出子(ヨシダヒデコ)
1944年、金沢市生まれ。都立北園高校卒業後、62年、俳優座養成所へ。66年、串田和美らとともに「アンダーグラウンド自由劇場(後にオンシアター自由劇場として再結成)」を旗上げする。79年、『上海バンスキング』初演。主役の正岡まどかを演じ、小劇場のヒロインから全国的な人気女優となる。同作で紀伊國屋演劇賞団体賞受賞。菊田一夫演劇賞(86年)、日本アカデミー賞助演女優賞(『社葬』、89年)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,944円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:エンタメ・ゲーム

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ