本・雑誌 在庫あり商品対象!条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > ノンフィクション > ノンフィクション(日本)
さようならと言ってなかった[猪瀬直樹]
  • Googleプレビュー

さようならと言ってなかった
猪瀬直樹

1,430(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(1件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

商品情報

  • 発売日:  2014年10月30日頃
  • 著者/編集:   猪瀬直樹
  • 出版社:   マガジンハウス
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  203p
  • ISBN:  9784838727155

商品説明

辞任以来の沈黙を破る書き下ろし!

都知事就任、五輪招致に邁進する中、
妻は突然の病に倒れ、帰らぬ人となった。

五輪招致成功の秘話、5000万円の真実、
妻と過ごした40余年の日々。

この作家の夫婦愛に泣き、不運さに憤る。
妻という女神を失った時、男はどう生きるか。
ーーーー林真理子


駆け落ち同然で結婚し、作家デビューまでの生活を支え、公務も共にこなしてくれた、かけがえのない妻。
二人三脚で共に生きた昭和の時代と、嵐のように過ぎた2013年を、交互に描く。
そして明かされる、五輪招致成功の秘話、5000万円の真実、アマチュア政治家の意味……。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
都知事就任、五輪招致活動、そして突然の辞任。激動のさなか、妻は突然の病に倒れ、帰らぬ人となった。辞任以来の沈黙を破る、招致成功の秘話、5000万円の真実、妻と過ごした40余年の日々。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ある日、突然に(予兆/異変/忍び寄る病魔 ほか)/第2章 何もなくても愛があれば(神田川流れて/ニュータウンへ/最後のロールキャベツ ほか)/第3章 走り抜けて(一に好奇心、二に好奇心…/走れ、走れ/借りた五千万円 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
猪瀬直樹(イノセナオキ)
1946年長野県生まれ。87年『ミカドの肖像』で第十八回大宅壮一ノンフィクション賞。2002年6月末、小泉純一郎首相より道路公団民営化委員に任命される。東京大学客員教授、東京工業大学特任教授などを歴任。2007年6月、東京都副知事に任命される。2012年に東京都知事に就任、2013年12月、辞任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(9件)

総合評価
 3.88

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ