金色の獣、彼方に向かう[恒川光太郎]
  • Googleプレビュー

金色の獣、彼方に向かう (双葉文庫)
恒川光太郎

659円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 金色の獣、彼方に向かう 529円
紙書籍版 金色の獣、彼方に向かう 659円

商品基本情報

  • 発売日:  2014年11月11日頃
  • 著者/編集:   恒川光太郎
  • 出版社:   双葉社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  298p
  • ISBNコード:  9784575517309

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
鎌倉の山中に庵を結ぶ僧に、謎めいた旅の男が語り聞かせる驚くべき来歴ー数奇な運命により、日本人でありながら蒙古軍の間諜として博多に潜入した仁風。本隊の撤退により仲間とともに取り残されるが、やがて追われる身となった一行を、邪神「窮奇」に仕える巫女・鈴華が思いのままに操りはじめる。(第一話「異神千夜」)元寇に際して渡来した一匹の獣。姿形を変え、時に悠然とたたずみ、時に妖しく跳梁する。古より潜むものたちの咆哮を、瞠目の幻視力で紡ぐ、傑作ダークファンタジー四篇。

【目次】(「BOOK」データベースより)
異神千夜/風天孔参り/森の神、夢に還る/金色の獣、彼方に向かう

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
恒川光太郎(ツネカワコウタロウ)
1973年東京都生まれ。2005年、第12回日本ホラー小説大賞を「夜市」で受賞し、書き下ろしの「風の古道」を併録した『夜市』でデビュー。同書が直木賞の候補になる。『雷の季節の終わりに』『草祭』『金色の獣、彼方に向かう』は山本周五郎賞候補、『秋の牢獄』『金色機械』は吉川英治文学新人賞候補となる。2014年『金色機械』で第67回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • この人の
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2016年04月16日

    面白いです。感性がすごいです。期待通りでした

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

659円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】君たちはどう生きるか
      【入荷予約】君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      1,047円(税込)

    2. 2
      【入荷予約】日の名残り
      【入荷予約】日の名残り

      カズオ・イシグロ

      820円(税込)

    3. 3
      百歳まで歩く
      百歳まで歩く

      田中尚喜

      493円(税込)

    4. 4
      【入荷予約】わたしを離さないで
      【入荷予約】わたしを離さないで

      カズオ・イシグロ

      864円(税込)

    5. 5
      回転ドアは、順番に
      回転ドアは、順番に

      穂村弘

      626円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ