本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 絵本・児童書・図鑑 > 絵本 > 絵本(日本)
  • ぐりとぐらとくるりくら
  • ぐりとぐらとくるりくら(ぐりとぐらの絵本)[中川李枝子]
ぐりとぐらとくるりくら
  • Googleプレビュー

ぐりとぐらとくるりくら (ぐりとぐらの絵本)
中川李枝子

1,100(税込)送料無料

商品情報

この商品を含むセット商品

よく一緒に購入されている商品

  • ぐりとぐらとくるりくら
  • +
  • ぐりとぐらとすみれちゃん
  • ぐりとぐらとくるりくら (ぐりとぐらの絵本)
  • 中川李枝子

1,100円(税込)

在庫あり

1,100円(税込)

在庫あり

合計 2,200円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(情報提供:絵本ナビ)



春の朝、のねずみのぐりとぐらが部屋の窓を開けました。お日さまが部屋一杯に入ってきたので、何だかわくわくうれしくなってきて「朝ごはんははらっぱで」と、サラダとサンドイッチを作ってはらっぱへ出かけます。途中で出会ったのは、手長うさぎのくるりくら。仲良く一緒に朝ごはんを食べたあと、くるりくらに高い木のてっぺんに連れて行ってもらったぐりとぐらは「今度は雲に乗りたいな」・・・すると、くるりくらは空じゅうの雲を長い手で集めて雲のボートを作ってくれたのです!ぐりとぐらが大喜びでボートに乗ると、今度は長い手でボートを漕いで空をひと回り。くるりくらの家の庭に降りたあと、おまじない体操をするとくるりくらの手は元に戻ります。そしてぐりとぐらは、くるりくらのおかあさんが作ってくれたおやつを食べて、なわとびをしながら家まで帰りました。


おなじみのぐりとぐらのお話しに手長うさぎの『くるりくら』という新しい友だちが登場します。ちょっと言いにくいのですが、何度か口にすると何だかウキウキしてくるとっても不思議な名前です。「木のてっぺんに登ってみたい」とか「雲に乗ってみたい」という子供の頃にみんなが思うことを、ぐりとぐらをとおしてくるりくらがかなえてくれます。リズミカルな文章は、子供にも、そして読み手にもとても心地がよいものです。お話しの中に出てくる「ぐりぐらサラダ」や「ぐりぐらサンド」をお子さんと一緒に作るのも、もう一つの楽しみ方です。(たんぽぽとクローバは他のものに変えてくださいね!)--(ひじり あい ;絵本ナビ オフィシャルライター)


ぐりとぐらシリーズの中で一番好きな絵本が、この“ぐりとぐらとくるりくら”です。
くるりくらは、とっても手の長ーーいうさぎ。だから、びっくりするような色んなことが出来ちゃいます。

大人から見るとちょっと“妙”。
でもきっと、小さな子どもにとっては、こういうところが“ツボ”なんですよね。

なんでも美味しくて、毎日が楽しい!そんな素敵な“ぐりとぐら”の世界。
今日はくるりくらが加わって、面白くてちょっぴり不思議な世界になっている様子です。

何度読んでも、本当に楽しくてワクワクする、宝物のような絵本。
出来る事なら、大人になる前から読みたかった。
大人になった今でもこんなに楽しめるのだから、子どもの頃に読んでいたら、どんなに夢中になったことでしょう。
いま読むことの出来る子どもたちが、すこし羨ましいです。(なーお00さん 20代・東京都 )

【情報提供・絵本ナビ】

商品レビュー(107件)

総合評価
 4.36

ブックスのレビュー(50件)

  • ぐりぐら、ぐりぐら、くるりくら
    nagainusama
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2012年08月04日

    シリーズの中でも新しい本だからなのか、いつもの「ぐりぐら、ぐりぐら」ではありません。
    シリーズの新しい物になればなるほど、他の動物達の絵の擬人化が進みますね。
    それに何か違和感がありました。

    2人が参考になったと回答

  • (無題)
    れおん0705
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年12月20日

    3歳の娘のために最初こちらの本を購入しようと思ったのですが、クリスマスシーズンの本ということで「ぐりとぐらのおきゃくさま」の方を購入しました。でもやっぱり本屋でちらっと見た「くるりくら」というキャラクターが気になってしまい、レビューの評価も高い事もあり購入することにしました。娘はぐりとぐらが好きなので喜んでくれる顔を見るのが楽しみです♪

    1人が参考になったと回答

  • 不思議な絵本
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2010年05月06日

    ぐりとぐらシリーズが好きな2歳9カ月の息子に購入しました。新しい絵本は月に一冊と決めているのでまだ渡していませんが、何とも不思議な内容の絵本でどういう反応を示すか楽しみです。また後日レビューを更新します。
    -----------
    息子に読んであげたところ、「くるりくらってなんだー!!」と大喜びでした。
    私も何度か読むうちに言葉のリズムやくるりくらのお母さんの勇ましさにほれぼれしてしまいました。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ