障害のある子の家族が知っておきたい「親なきあと」[渡部伸]
  • Googleプレビュー

障害のある子の家族が知っておきたい「親なきあと」 お金の管理住むところ日常のケア
渡部伸

1,404円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品基本情報

  • 発売日:  2014年12月19日頃
  • 著者/編集:   渡部伸
  • 出版社:   主婦の友社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  191p
  • ISBNコード:  9784072993873

商品説明

障害のある子をもつ親や家族にとって、自分たちがいなくなったあとの子どもの生活がどうなるかは、とても大きな心配ごとです。でも、日々のことで精いっぱい、将来のために何をしておけばいいのかわからないなどで、心配はしつつも実際の準備はまだ何もしていない、というかたも多いのではないでしょうか。現在は健康な親でも、いつ何が起こるかわかりません。突然の事故や病気が降りかかってこないという保証は、残念ながらありません。いざというときに、そなえのないまま子どもを社会に残すことのないよう、まずは現状を知って、できることから少しずつ「親なきあと」の準備をしておきましょう。社会やそこに住む人の意識の変化とともに、法制度や福祉サービスも変化し続けています。そんな環境の中で、いかに有効な情報を手に入れ、将来にそなえていくかが、 障害のある子どもの今後の人生に大きな影響を与え、親自身の安心にもつながっていくでしょう。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
自分がいなくなったら残された子どもはどうなるのだろう。制度やサービスの現状を知り、親が元気なうちに、少しずつ準備を始めましょう。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 「親なきあと」に子どもが生きていくために/第1章 障害者福祉の歴史ーまずは法制度の変化を知ろう/第2章 行政による福祉サービスにはどんなものがあるか/第3章 「親なきあと」のお金をどう管理するか/第4章 「親なきあと」の住まいと身の回りのフォロー/第5章 「親なきあと」の事例を見る/第6章 子どもの生活を支えるライフスタイルカルテを作ろう

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
渡部伸(ワタナベシン)
1961年福島県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、出版社で営業、編集、海外・デジタル事業などを担当。退社後、行政書士、2級ファイナンシャルプランニング技能士の資格を取得。障害のある子をもつ親の共通の悩みをともに考える「親なきあと」相談室を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(5件)

総合評価
 3.8

ブックスのレビュー

  • (無題)
    ヤマニン4381
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2019年06月10日

    内容がよくわかった。障害の全体をかいている。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    todaemon
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年05月19日

    知的障害の子供がいる家庭で、心配事があるのでこちらを購入しました。まだ内容的には完全には理解出来ていないですが、色々見てみたいと思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,404円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ