「遺伝子治療」はがんをここまで消してしまった![吉田治]
  • Googleプレビュー

「遺伝子治療」はがんをここまで消してしまった! 絶望から希望へ!
吉田治

1,728円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 「遺伝子治療」はがんをここまで消してしまった!(KKロングセラーズ) 1,280円
紙書籍版 「遺伝子治療」はがんをここまで消してしまった! 1,728円

商品基本情報

  • 発売日:  2014年12月
  • 著者/編集:   吉田治
  • 出版社:   ロングセラーズ
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  248p
  • ISBNコード:  9784845423439

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
手術、抗がん剤、放射線治療など、医学はがんと闘い続けてきた。残念なことに、いまだ勝利をおさめてはいない。だが、「遺伝子治療」は既存の治療法との併用により高い効果があるので、その闘いに勝利し、終止符を打つ大きな可能性がある。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 恐怖や苦しみの淵から生還し、喜びの声をあげる患者さんたち/第2章 「がん遺伝子治療」の決め手“細胞更正核酸治療タンパク”/第3章 がんの「どこ?」「いつ?」は問わない!-この治療法特有の凄さ!/第4章 がん細胞とはいったいどういうものかーがんを理解して闘うことが大切/第5章 がん検査の現実と遺伝子検査ーそして、遺伝子治療へ/第6章 最強、最高の「遺伝子治療」はもうここまで来ている!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
吉田治(ヨシダオサム)
杏林大学医学部卒業。1986年より杏林大学医学部付属病院で消化器外科、1988年より東京逓信病院で主に消化器外科(胸部血管外科)、1993年より杏林大学医学部付属病院で呼吸器外科、消化器外科。1990年より全国20カ所に医療提携クリニックを併設。2008年より体性幹細胞療法に取り組み、2010年よりさくらクリニックにて幹細胞を採取して培養するCPC施設を併設。幹細胞やその培養上清液を投与する幹細胞療法を施行している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

1,728円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:美容・暮らし・健康・料理

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ