[楽天スーパーSALE]条件達成でポイント2倍!エントリーで先着クーポンも配布中!エントリーはこちら
現在地
トップ >  > 美容・暮らし・健康・料理 > 健康 > 家庭の医学

死の体験授業
山崎章郎

1,430(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2015年02月
  • 著者/編集:   山崎章郎
  • 出版社:   サンマーク出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  154p
  • ISBN:  9784763133410

商品説明

内容紹介

もし、あなたの余命が3か月だとしたら、何をしますか?
末期がんの告知をされずに亡くなっていく人々の衝撃的な様子を描き、死を目前にした人々に対する医療やホスピスケアのあり方を世に問うた、大ベストセラー『病院で死ぬということ』。それから25年がたち、その間、2000人以上の「死」と向き合った著者は、多くの患者さんが家での最期を望むことから、現在では在宅診療を行っています。そのような著者が、武蔵野美術大学の特任教授として行った「死の体験旅行」というワークショップ。若い学生たちに、死にゆく過程を疑似体験してもらうことによって「死」というものへの考えを深め、「死」があるからこそ輝く「生」があるということを確認してもらうためです。本書では、その授業の内容を中心に、「医療やホスピスの現状」「死んだらどうなるか」「今先生が考えていること」などについても書かれています。
それでは「死の体験授業」を始めましょう。

【目次より】
「死の体験授業」で大学生に伝えたかったこと
死に直面した人は五つのプロセスをたどる
どんな現実を前にしても希望をもつことはできる
意味のない治療より悔いのない最期を
医師も患者も互いに納得して迎える最期
「偽りの思いやり」から「真の思いやり」へ
愚痴ばかりこぼす患者がなぜ変わったのか
医師とは徹底的にコミュニケーションする
家族を救う元気なときの意思表示
支援の必要な人は患者だけではない
もし、あなたの余命が数か月だったら
死の体験旅行
感謝と謝罪があふれ出る「別れの手紙」
亡くなる前にやっておくべき五つのこと
さまざまなつながりを紡ぎ出す
「お迎え現象」とは何か
人は死んだらどうなるか
お盆は死者を迎える行事

内容紹介(「BOOK」データベースより)

大ベストセラー『病院で死ぬということ』から25年、2000人以上の「死」と向き合ったからこそわかる、「本当に大切なこと」。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 生を大切にするために死を考える(死を目前にした家族にあなたは何と声をかけますか?/理不尽な現実への二つの対処法 ほか)/第2章 後悔しない死を迎えるために(十分には行われていない病名・病状告知/意味のない治療より悔いのない最期を ほか)/第3章 もし、あなたの余命が数か月だったら(死の体験旅行/感謝と謝罪があふれ出る「別れの手紙」 ほか)/第4章 死に行く人を幸せに送り出すために(妻のあとを追うように亡くなる夫/「グリーフケア」がなぜ必要か ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

山崎章郎(ヤマザキフミオ)
1947年福島県生まれ。1975年千葉大学医学部卒。同大学病院第一外科勤務。1984年、千葉県八日市場市(現匝瑳市)市民病院消化器科医長。1991年、聖ヨハネ会桜町病院ホスピス科部長。2005年、在宅診療支援診療所ケアタウン小平クリニック院長。1991年、『病院で死ぬということ』で日本エッセイストクラブ賞受賞。同作は1993年に市川準監督で映画化された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ