戦後モータージャーナル変遷史[小田部家正]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 機械工学

戦後モータージャーナル変遷史 自動車雑誌編集長が選ぶ忘れられない日本のクルマ
小田部家正

1,944円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年02月
  • 著者/編集:   小田部家正
  • 出版社:   グランプリ出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  175p
  • ISBNコード:  9784876873371

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
数々の歴史ある自動車雑誌編集長として活動し、多くのクルマに触れてきた貴重な体験と綿密な取材をもとに、高度成長期を経て日本車が世界で活躍するに至る様子をたどる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 戦後の日本に希望をもたらした国産乗用車の数々-日野ルノーで運転に目覚め、初代カローラで人生の転機を掴む/第2章 試行錯誤ながら意欲的な高性能車が次々登場した60〜70年代ー自動車雑誌編集部へ転職し試乗記事に新風を吹き込む/第3章 排出ガス対策と低燃費化に英知を結集した国内メーカーー初めて米国大西部を取材しカルチャーショックを受ける/第4章 乗用車の高級化と多様化が急伸したバブル絶頂期ー高性能4WDギャランVR-4と高級車セルシオがCOTYを獲得/第5章 新規格の採用で真の国民車に成長した軽乗用車ーRJCの第1回イヤー賞はRX-7とRE生みの親・山本健一氏/第6章 21世紀を席巻する日本のハイブリッドとEV技術ーCOTYとRJCのダブル受賞は過去に5回もあった

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小田部家正(オタベイエマサ)
1938年(昭和13年)東京生まれ。芝浦工業大学機械工学科卒。八重洲出版『ドライバー』誌の編集に5年間携わったのち内外出版社に移り『別冊月刊自家用車』『モーターロード』『月刊自家用車』『オートメカニック』等の編集長を歴任、その間、日本カーオブザイヤー実行委員を務める。1990年にフリーのモータージャーナリストに転身、同時に日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)に入会、自動車雑誌各誌に新型車解説、試乗記等を執筆。2009年にRJCを退会し現在は自動車技術会正会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

1,944円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ