カミツキガメはわるいやつ?[松沢陽士]
  • Googleプレビュー

カミツキガメはわるいやつ? (ふしぎびっくり写真えほん)
松沢陽士

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明



実際にある地域で起こっていることを、たくさんの写真で説明してくれる絵本です。
図鑑でカミツキガメが外来種であること、かみつかれたら大惨事につながることは知っているけれど、この絵本はとても興味深く知らないことだらけでした。
カミツキガメの大好物はザリガニであること、普段は夜行性でかみついたりしないこと、交尾をして懸命に生きようとしていること、敵であるとばっかり思っていたカミツキガメが他の動物となんら変わらなく思えてくるからすごい。
カミツキガメを駆除しなくちゃいけなくなるから、それを避けるためにもペットを飼うときの大事なルールを守ろうね。というスタンスがとても良かったです。
(みっとーさん 30代・大阪府 男の子6歳、女の子5歳)


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
千葉県にある、印旛沼。この沼とその周辺の水辺には、日本にはもともといない外来生物・カミツキガメがすみついています。テレビなどでは、「わるもの」のように取りあげられるカミツキガメ。ほんとうに、わるいやつなのでしょうか?日本ではじめて撮影された自然のなかで生きるカミツキガメ。そのすがたをとおして見えてきた人と自然の問題。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
松沢陽士(マツザワヨウジ)
1969年生まれ、千葉県出身。東海大学海洋学部水産学科卒業。大学時代にスキューバダイビングと水中カメラマンに出あったことで、自身も水中カメラマンを目指す。現在は淡水魚の撮影を中心としている。カメラマンとして活動を始めたころからオオクチバス(ブラックバス)などの外来生物の撮影をライフワークとしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

ご購入はこちらから

在庫あり

通常3〜4日程度で発送

1,512円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ