本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 絵本・児童書・図鑑 > 絵本 > 絵本(日本)

英語DE落語動物園
桂かい枝

1,650(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2015年02月
  • 著者/編集:   桂かい枝obetomo
  • 出版社:   鈴木出版
  • 発行形態:  絵本
  • ページ数:  32p
  • ISBN:  9784790252917
  • 注記:  本文:日英両文

商品説明

内容紹介(情報提供:絵本ナビ)



English Rakugo“The Zoo”だって?英語で落語?まさかー!上方落語をしかも英語で伝えちゃおうって意欲満々のこの絵本、一体どんな絵本なの?舞台は動物園。男が一人。「アルバイト求む!動物園」というチラシを持った男が、動物園へやってきました。A man came to the zoo with a flyer that said “Hiring at the Zoo!”園長:仕事をさがしてはるんですね。いやあ、そら、ちょうどよかった。Zoo Manager: So, you are looking for a job. What a great timing!男:「ええ」仕事っていうのはホンマですか?チラシには「勤務時間は、朝10時から夕方4時まで。力仕事なし、頭つかうことなし、人との対応なし、昼飯・昼寝つきで、制服も貸し出しあり、きらくにだれでもできて、日給1万円」って書いてましたけど。Man: You are offering a GOOD job, right?The flyer says “Working hours 10a.m. to 4p.m. No heavy lifting,no thinking and no communication skills are required. Uniform and lunch provided and even comes with a nap. It is an easy job that anyone can do and you get 10,000yen per day.”いやはや、昼寝までできてなんて割りのいいお仕事なんでしょう。そんなお仕事ならわたしがやってみたいって・・・ん?ちょっとまって、そんなうまい話があるもんですか。そう、このお話は主人公の男も読者も予想だにしない爆笑のオチが用意されています。実は、この落語、海外でとても人気の高い日本の落語なのだそうです。作者は、「世界の人たちにも落語の楽しさを伝えたい」と古典落語を英訳、海外に紹介するという活動を積極的に行っている英語落語第一人者の桂かい枝さん。絵本には、関西弁で書かれた日本語に分かりやすい英訳がついています。英語の落語は、なんて新鮮!そして難しいかな?と思っていた落語が、シンプルな英語で読んだり聞いたり話すことで不思議ともっと身近に親しみやすく感じることができるなんて。まさに英語も学べる落語入門としては一石二鳥!おべともさんの描くポップで陽気なイラストがこれまたなんとも言えない痛快な笑いを誘います。落語ならではの仕草も桂かい枝さんの写真解説が付いていて思わず真似をしたくなります。もちろん解説にも英訳がついていますよ。是非とも、英語劇ならぬ英語落語に挑戦してみるのはいかがでしょう?お楽しみ会で人気者になれちゃうかも。
(絵本ナビ編集部 富田直美)


落語も楽しめ、英語も学べる、まさにそんな絵本です。
こういう絵本は外国の方へのプレゼントにもよさそうにも思いました。
文化もグローバル化ですね!!
小学生くらいのお子さんの読み物としてもぴったりにも思います。(まゆみんみんさん 40代・兵庫県 女の子10歳)

【情報提供・絵本ナビ】

内容紹介(「BOOK」データベースより)

頭も使わず、人との応対もなく、昼飯・昼寝つきで、制服も無料貸し出し。朝10時から夕方4時までで日給1万円という動物園のアルバイトにありついた男。らくな仕事だと喜んだものの…さて、どんな展開が待っていることやら。日本の伝統話芸・落語の「動物園」を英語落語の第一人者、桂かい枝が英語でも語ります。日本語で楽しんだり、英語で語ることもできるバイリンガル絵本です。

著者情報(「BOOK」データベースより)

桂かい枝(カツラカイシ)
「世界の人たちにも落語の楽しさを伝えたい」と1997年より古典落語を英訳し、海外に紹介する活動をスタート。これまでに21か国103都市で300回を越える公演を成功させる。2007年文化庁より文化交流使に任命。2014年イギリスの「エジンバラ・フェスティバル・フリンジ」にて地元紙より最高評価である五つ星を獲得するなど、世界的にも高い評価を受ける。中学校の英語教科書にもその活動と英語落語が掲載されている。学校での落語公演も精力的に行い、落語文化の普及に取り組んでいる

おべとも(オベトモ)
イラストレーター、アニメーション作家。2005年スイスイ社に入社。独特の画風で2006年に個展。デビュー作のアニメーション「おべとも学園」はNHK教育テレビで5年間にわたり放映され、全国の子どもたちに大人気に。あいおいニッセイ同和損保のしろくま親子のキャラクターを手がけるほか、新作も仕込み中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(3件)

総合評価
 3.33

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ