増補日本語が亡びるとき[水村美苗]
  • Googleプレビュー

日本語が亡びるとき増補 英語の世紀の中で (ちくま文庫)
水村美苗

950円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年04月08日頃
  • 著者/編集:   水村美苗
  • レーベル:   ちくま文庫
  • 出版社:   筑摩書房
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  460p
  • ISBNコード:  9784480432667

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本語は、明治以来の「西洋の衝撃」を通して、豊かな近代文学を生み出してきた。いま、その日本語が大きな岐路に立っている。グローバル化の進展とともに、ますます大きな存在となった“普遍語=英語”の問題を避けて、これからの時代を理解することはできない。われわれ現代人にとって言語とはなにか。日本語はどこへいくのか。第8回小林秀雄賞受賞の意欲作が、大幅増補で待望の文庫化。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 アイオワの青い空の下で“自分たちの言葉”で書く人々/2章 パリでの話/3章 地球のあちこちで“外の言葉”で書いていた人々/4章 日本語という“国語”の誕生/5章 日本近代文学の奇跡/6章 インターネット時代の英語と“国語”/7章 英語教育と日本語教育

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
水村美苗(ミズムラミナエ)
東京生まれ。12歳で渡米。イェール大学卒、仏文専攻。同大学院修了後、帰国。のち、プリンストン大学などで日本近代文学を教える。1990年『續明暗』を刊行し芸術選奨新人賞、95年に『私小説from left to right』で野間文芸新人賞、2002年『本格小説』で読売文学賞、08年『日本語が亡びるときー英語の世紀の中で』で小林秀雄賞、12年『母の遺産ー新聞小説』で大佛次郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(22件)

総合評価
 3.73

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

950円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      三鬼 三島屋変調百物語四之続
      三鬼 三島屋変調百物語四之続

      宮部 みゆき

      1,036円(税込)

    2. 2
      陸王
      陸王

      池井戸 潤

      1,080円(税込)

    3. 3
      海の見える理髪店
      海の見える理髪店

      荻原 浩

      626円(税込)

    4. 4
      いまさら翼といわれても
      いまさら翼といわれても

      米澤 穂信

      734円(税込)

    5. 5
      蜜蜂と遠雷(下)
      蜜蜂と遠雷(下)

      恩田陸

      788円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ