本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
「聴く」ことの力[鷲田清一]
  • Googleプレビュー

「聴く」ことの力 臨床哲学試論 (ちくま学芸文庫)
鷲田清一

1,080円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年04月08日頃
  • 著者/編集:   鷲田清一
  • レーベル:   ちくま学芸文庫
  • 出版社:   筑摩書房
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  277p
  • ISBNコード:  9784480096685

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「聴く」-目の前にいる相手をそのまま受け止めるいとなみが、他者と自分理解の場を劈く。本書は、不条理に苦しむこころからことばがこぼれ落ちるのを待ち、黙って迎え入れる受け身の行為がもたらす哲学的可能性を模索する。さらにメルロ=ポンティ、ディディエ・アンジュー、レヴィナスなどを援用しつつ、ケアの現場や苦しみの現場において思考を重ねることで、「臨床哲学」という新しい地平を生み出した。刊行以来、多くの人に影響を与えた名著が文庫で登場。第3回桑原武夫学芸賞を受賞。植田正治の写真とともに贈る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 “試み”としての哲学/第2章 だれの前で、という問題/第3章 遇うということ/第4章 迎え入れるということ/第5章 苦痛の苦痛/第6章 “ふれる”と“さわる”/第7章 享けるということ/第8章 ホモ・パティエンス

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
鷲田清一(ワシダキヨカズ)
1949年、京都市生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。大阪大学総長などを経て、京都市立芸術大学理事長・学長、せんだいメディアテーク館長。専門は哲学。現象学をベースに、臨床哲学、モード批評などを幅広く展開する。主な著書に『モードの迷宮』(ちくま学芸文庫、サントリー学芸賞)、『「ぐずぐず」の理由』(読売文学賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(7件)

総合評価
 4.6

ブックスのレビュー

  • 読みごたえ
    いいなりみなり
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年05月19日

    解説が高橋源一郎さんだったのに惹かれて購入しました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年08月12日 - 2019年08月18日)

     :第-位( - ) > 文庫:第4425位(↓) > 人文・思想・社会:第4081位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,080円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      危険なビーナス
      危険なビーナス

      東野 圭吾

      972円(税込)

    2. 2
      後宮の烏 3
      後宮の烏 3

      白川 紺子

      658円(税込)

    3. 3
      小説 天気の子
      小説 天気の子

      新海 誠

      648円(税込)

    4. 4
      孤篷のひと
      孤篷のひと

      葉室 麟

      777円(税込)

    5. 5
      絶唱
      絶唱

      湊 かなえ

      594円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ