ねこバカ いぬバカ
養老 孟司

1,188円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 ねこバカ いぬバカ 950円
紙書籍版 ねこバカ いぬバカ 1,188円

商品基本情報

  • 発売日:  2015年04月16日頃
  • 著者/編集:   養老 孟司近藤 誠
  • 出版社:   小学館
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  176p
  • ISBNコード:  9784093884075

商品説明

【内容情報】(出版社より)
ペットとひとの長生き、医療、看取りを語る

「動物はいい、気持ちが休まって」、
「ひとりで生きるより手のかかる相手がいた方がいい」(養老孟司)
「弱っていく姿を見かねて安楽死を考えたことも」、
「ペットのがん治療は、アバウトすぎて一種の無法地帯」(近藤 誠)

日本で買われているペットは15歳未満の子どもより多い、約2千万頭。
猫、犬、サル、ネズミ…小さい頃からいろいろ飼ってきた養老先生と、歴代4匹のワンコを飼い、哺乳瓶でミルクをあげて“子犬育て“までした近藤先生。ペット大好きドクターふたりが、愛するペットとの暮らし、医療、看取りを語りつくしました。

人もペットも寿命が延びて、さぁ大変。高齢ペットのがん治療、介護、安楽死など悩ましい問題がいっぱい。そんな時代に、おもしろくてためになる、実は深い対談です。

養老まる(スコティッシュ・フォールド、11才)と、近藤ボビー(ボストン・テリア、1才)のほほえましいスナップはカラーページに収めました。



【編集担当からのおすすめ情報】
「近藤先生も医学上の論争になると必殺仕置き人みたいだが、ボビーを抱いていると、かわいいオジサン。」

「まるちゃんを世話するしぐさや、養老昆虫館でゾウムシの標本整理や観察をする様子について話された時の目の輝きは忘れがたいものがあります」

養老先生、近藤先生それぞれの「対談を終えて」からの抜粋です。

この対談を読んだら、”うちの子“がもっと愛しくなるはず。

養老まる プロフィール/母と同じく、僕もまると寿命の長さ競争

近藤ボビー プロフィール/うちの犬も「がん放置療法」で、長寿を全う

第一章 ペットと暮らせば

第二章 ペットと人の医療

第三章 ペットと人の老病死

対談を終えて 養老孟司

対談を終えて 近藤 誠

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
“うちの子”がもっと愛しくなる!日本で飼われているペットは約2000万頭。15歳未満の子どもより多い。ペットもひとも、寿命がのびて、さぁ大変。高齢ペットのがん治療、介護、安楽死など悩ましい問題がいっぱい。そんな時代に、おもしろくてためになる、じつは深い対談です。養老まると近藤ボビーのほほえましい日常スナップを、カラーページで掲載!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ペットと暮らせば(こんなにたるんだ猫は初めてです/ペットと遊んでふと思う「なんでオレだけ働かにゃならんのか」/やっぱり猫が好き?それとも犬が好き? ほか)/第2章 ペットと人の医療(飼い主の弱みとペット医療/出るものは止めず、全部出しきる。これが基本/食べさせるから本人も介護も大変になる ほか)/第3章 ペットと人の老病死(人もペットも寿命が大幅にのびて、さあ大変/年寄り連中が既得権を持っているからものごとが動かない/乳母車に、ペットを乗せて散歩する人々 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
養老孟司(ヨウロウタケシ)
1937年神奈川県鎌倉市生まれ。医学博士。’62年東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。’81年東京大学医学部教授に就任。’95年東京大学を退官。’98年東京大学名誉教教授に。’89年『からだの見方』(筑摩書房)でサントリー学芸賞、2003年『バカの壁』(新潮社)で毎日出版文化賞を受賞。専門の解剖学のほか、社会時評などで幅広く活躍

近藤誠(コンドウマコト)
1948年東京都生まれ。医学博士。’73年慶應義塾大学医学部卒業後、同大学医学部放射線科入局。’79〜’80年米国に留学。’83年より同大学放射線科講師、2014年に定年退職。乳がんの「乳房温存療法」のパイオニアとして知られ、安易な手術、抗がん剤治療を批判。現在「近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来」を運営。がん治療についての先駆的な意見をわかりやすく発表し、啓蒙を続けてきた功績により、’12年『第60回菊池寛賞』を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(9件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

  • ねこバカ
    にゃ8823
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2015年05月09日

    ねこバカなので、書評を見てすぐに注文しました。
    養老先生のとこの「まる」ちゃんも好きだし。
    今は事情がありペットが飼えませんが、「老後」に猫か犬を絶対に飼おうと思っています。でも猫や犬のほうが後に残ったらどうしようと悩んでいます。信用できる獣医さんも近くにいません。この先生方のような心境には到達できそうにありませんが、その辺のもやもやを少し和らげてくれた本です。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    たけ2705
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2015年06月01日

    人間もペットもどこまで医療を行うのか考えさせられる。
    手厚い(と勘違いしている?)医療が本当に幸せなのか、生き物の自然な死を受け入れられない人間が増えていると思う。
    家族は死にゆく人、ペットに対して自分がどうしたいのかではなく、死にゆく者がどうあったら幸せなのかをもっと考えるべき。
    医療の現場でも本人より家族の意向が優先されることが多い。
    ペットなんてそれこそ何も言えないのだから、飼い主の思うがままであり、それがペットを本当に苦しめていないのか真摯に考えるべきなのではないだろうか。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2016年12月02日

    まるちゃんファンです。おふたりの豊かな愛情が読み取れて面白かったです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,188円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ