親と離れて暮らす長男長女のための本
  • Googleプレビュー

親と離れて暮らす長男長女のための本 (角川文庫)
舛添要一

637円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
親孝行、四〇代になったら待ったなし!私たちの社会基盤が「家族」を単位として成り立っている以上、長男長女の“親への務め”の問題について改めて考えてみることも必要でしょう。悔いる前の親孝行から、親と離れて暮らす現実、親が病気になったときの気配りと介護、親の住まいとお墓のこと。そして自分の老後についてまでー。「家族」の単位で人生デザインを考え、実践をアドバイスする、大ベストセラー待望の文庫化。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 「親と離れて暮らす」ということ/第1章 悔いる前にきちんと親孝行をしよう/第2章 離れて暮らす親の現実をよく知る/第3章 親の身の回りの安全と親戚との付き合い方/第4章 親が病気になったときの気配りと介護の仕方/第5章 親の住まいとお墓の考え方/第6章 「親の死」の迎え方と葬儀の手順/第7章 相続の手順と後始末の仕方/終章 子供の教育と自分の老後を考える

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
舛添要一(マスゾエヨウイチ)
1948年、福岡県北九州市で五人姉弟の長男として生まれる。71年、東京大学法学部卒業。ヨーロッパに留学後、東京大学教養学部助教授を経て、現在、国際政治学者としてマスコミ等で論評活動、またテレビ番組『ビートたけしのTVタックル』『朝まで生テレビ』などでも活躍中。一方で、96年4月より、脳梗塞性痴ほう症の実母の介護のため、東京と北九州の二重生活を続けていた。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

637円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      残像に口紅を
      残像に口紅を

      筒井康隆

      802円(税込)

    2. 2
      僕と妻の1778話
      僕と妻の1778話

      眉村卓

      648円(税込)

    3. 3
      紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男
      紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円…

      野崎 幸助

      842円(税込)

    4. 4
      サラバ! 上
      サラバ! 上

      西 加奈子

      680円(税込)

    5. 5
      岳飛伝 十三 蒼波の章
      岳飛伝 十三 蒼波の章

      北方 謙三

      648円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ