エントリー&楽天ブックスで1,000円以上購入した方へマックフライポテトをプレゼント!
21世紀の「脱亜論」[西村幸祐]
  • Googleプレビュー

21世紀の「脱亜論」 中国・韓国との訣別 (祥伝社新書)
西村幸祐

842円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2015年04月02日頃
  • 著者/編集:   西村幸祐
  • 出版社:   祥伝社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  212p
  • ISBNコード:  9784396113988

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
明治十八(一八八五)年に発表された「脱亜論」は、日中朝の三国で手を携えて欧米列強に対峙していこうと考えていた福澤諭吉が、中朝の現状に絶望し、その路線を断念した諦念を表明したものだった。日本は明治以降一貫して、朝鮮が華夷秩序から脱し、独立するよう多大な労力を払ったが、無駄に終わった。一〇〇年たって今日また、韓国は華夷秩序に回帰しようとしている。もはや日本は「一衣帯水」などという幻想は捨てて、中朝韓以外のアジア諸国と、今まで以上に紐帯を強め、連携を深めていかなければならない。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 新しい「脱亜論」の誕生(台湾映画『KANO』が意味するもの/発表当時は注目されなかった「脱亜論」 ほか)/第2章 “特定アジア”三カ国と距離を置くべき理由(“特定アジア”とは何か/二十一世紀のナチズム ほか)/第3章 閉ざされたアジアから、開かれたアジアへ(日台の連帯こそ、東アジアの新基軸/映画『海角七号』が台湾にもたらした変化 ほか)/第4章 アメリカに依存しない“新・脱亜”のあり方(太平洋二分割を米国に提案する中国/米中両国が抱える深刻な内政問題 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
西村幸祐(ニシムラコウユウ)
1952年東京生まれ。評論家。慶應義塾大学文学部哲学科中退。在学中に第六次「三田文学」編集を担当。80年代後半から、主にスポーツをテーマに作家・ジャーナリストとしての活動を開始。2002年の日韓W杯を機に、歴史認識問題や拉致問題に関する取材、評論を展開する。「撃論ムック」「ジャパニズム」をそれぞれ創刊、編集長を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

842円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      東大から刑務所へ
      東大から刑務所へ

      堀江貴文

      885円(税込)

    2. 2
      世界一美味しい煮卵の作り方
      世界一美味しい煮卵の作り方

      はらぺこグリズリー

      972円(税込)

    3. 3
      日本二千六百年史
      日本二千六百年史

      大川周明

      1,188円(税込)

    4. 4
      定年後
      定年後

      楠木新

      842円(税込)

    5. 5
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ